SHARP「SHF34」レビュー:大容量バッテリー【ガラホ】


スポンサーリンク

先日はKYOCERA製ガラホ「GRATINA KYF37」のレビューをしました。

ガラケーがスマホに置き換わっているとはいうものの、街中や電車の中で、ガラケーを使っている人をよく見かけます。 ガラケーの販売が終わるな...

ガラホの秋冬モデルとしては、これ以外にSHARP製「SHF34」も発売されました。

ガラケーを使っている人はいまだ多く、その需要も一定数あると考えられます。
今回は、そんな中発売されたガラホ「SHF34」のレビューです。


スポンサーリンク

主なスペック

  • CPU Snapdragon 210
  • RAM 1GB/ROM 8GB
  • 画面:約3.4インチ 960×540
  • 800万画素COMSカメラ
  • VoLTE対応
  • Wi-Fi:IEEE802.11b/g/n(2.4GHz)
  • Bluetooth Ver.4.1
  • バッテリー1800mAh
  • テザリング(接続最大10台)
  • おサイフケータイ対応
  • 耐衝撃/防水/防塵
  • 赤外線通信

外観

クイックオープンボタン

クイックオープン機能……ボタンをワンプッシュすると画面が開きます。急いでいるときなどに便利な機能です。
このボタンを押して電話に出る設定にすることもできます。

クイックオープンボタン

充電

充電はmicroUSB端子で行います。

卓上ホルダでの充電もできますが、卓上ホルダは別売りとなっています。

microUSB

マナーモードキー

ガラケーと同じく、マナーモードキーもついています。

マナーモードキー

全体写真

ワンプッシュで画面が開きます。
そこから少し画面を手前に倒した状態のままで、開くこともできます。

また、写真にはありませんでしたが、ストラップの穴もちゃんとついています。

全体

キー配列

キー配列

細かなキー割り当ては違いますが、基本的にはKYF37と同じです。

KYF37との比較

手で持った感じは、SHF34の方が少し角張っています。

サブディスプレイには時計や通知が表示されます。

比較1

SHARPのケータイではおなじみの「のぞき見防止機能」もあります。

比較2

クイックオープンボタン

できること

電話がかかってきたときに、クイックオープンボタンを押すと、電話に出ることができます。
この設定は、待ち受け画面で

「決定キーを押す」「電話メール」「通話設定」「オープン時動作」

で決めることができます。

オープン時動作

使ってみた

メニュー画面

メニュー画面

simカードの挿入

ガラホはどれも、simカードを入れにくいです。

SHF34では、SIMロック解除をしなくても格安SIMが使えます。

※2019年8月24日
情報に誤りがありましたので、訂正いたします。

SHF34では、SIMロック解除をすることによって、格安SIMが使えます。
ここではUQモバイルのsimカードを入れています。

simカードを入れる

APNの設定をする

APN設定

電話をかける

VoLTEに対応していますので、今までの3G回線での通話よりもキレイでクリアな音で、会話ができます。

webサイトを見る

SHF31から続く機能として「タッチクルーザーEX」があります。
これは、ダイヤルキーをノートPCのタッチパネルのようにして使う機能です。
この機能を有効にすると、画面上のポインターが、ダイヤルキーの上ですべらせた指の動きに合わせて動きます。

ノートPCのタッチパネルでマウスカーソルを動かしている、そんな感覚です。
ちょっとコツが必要ですが、慣れればとれも便利な機能です。

文字入力

もたつくこともなく、快適に入力することができます。

文字入力

マナーモード時のバッテリーの減り方

Wi-FiとBluetoothはOFFにしています。モバイル通信はONです。
8時間たっても1%しか減っていません。

マナーモード時のバッテリーの減り方

カメラ画像

クリックすると大きく表示されます。ファイル名を変えただけです。

カメラ画像

写真

写真

キーの押しやすさ

重心の違いからか、KYF37と比べて、キーは押しやすく感じます。

初期導入アプリ

LISMO、Music Store、au WALLET Market、ウィルスバスター for au、うたパス、au助手席ナビ、Wowma!、auナビウォーク、テレビde写真、モバオク、モバイルSuica、楽天Edy

まとめ

前回のKYF37と同様、全体的にガラケーとして使うことができます。

おサイフケータイにnanacoなど、利用者が多いアプリがないのは不満がのこります。
しかし、今まで二つ折りのガラケーを使っていた方が乗り換えても、混乱無く使うことができる機種だと思います。

KYF37もそうですが、LINEアプリも入っていますので、今までにはない機能がついたガラケーとして、長く使っていける機種ではないでしょうか。


スポンサーリンク

コメント

  1. 由田 茂一 より:

    説明文中に「simカードの挿入  ガラホはどれも、simカードを入れにくいです。SHF34では、SIMロック解除をしなくても格安SIMが使えます。ここではUQモバイルのsimカードを入れています」との記載があります。
     simロックの解除なしでも格安simが使えるなら、simロック未解除の中古品を購入し現在使っているmineoのsimを継続使用できればと考えています。
     説明文にありますUQモバイルのsim使用後、不都合や不具合等は発生しておりませんか?アドバイス等ございましたら、よろしくお願いします。

    • ぱそふぉん より:

      コメントありがとうございます。
      調べましたところ、私が購入したSHF34は、すでにsimロック解除されていたものでした。
      それを、simロック解除しなくても、格安simが使えると勘違いをしておりました。
      間違った情報を記載してしまい、申し訳ございません。

      該当記事は、訂正させていただきます。