スマホの電話の切り忘れで高額請求!電話を確実に切る方法


スポンサーリンク

「電話の切り忘れ」

私はあまり電話はしないのですが、時々電話を切り忘れてしまいそうになるときがあります。

スマートフォンでは、ホームボタンを押してもマルチタスク機能などが起動し、通話終了にならない場合がある。

スマホで「電話の切り忘れ」に注意――UQモバイルが呼び掛け
https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1104823.html

通話中に他のアプリを起動していたり、通話が終わってホームボタンを押してしまうと、電話が切れずに話し中の状態になってしまうのですね。

nova 2だと、こんな感じになります。
通話中にwebサイトを開いている状態です。

通話中

左上に「タップして通話に戻る」と表示されています。

まだ通話中の状態なのですが、この表示を見落としてしまうと、電話が切れずに料金が発生してしまいます。


スポンサーリンク

電話を確実に切る

ガラケーやガラホでは、電源ボタンで確実に電話を切ることができます。
スマホの場合は、標準の状態ではできないので、設定を変更する必要があります。

nova 2の場合は、

「設定」-「詳細設定」-「ユーザー補助」

の中の

「電源ボタンで通話を終了」

をONにします。

設定

これで、電話を確実に切ることができます。

機種によって設定の場所は違ってきますが、「電源ボタンで通話を終了」の設定は、Androidの場合だとどこかにあります。

なお、iPhoneにはこの設定がないので、電話アプリで切断する必要があります。


スポンサーリンク

コメント

  1. 小松進 より:

    通話切り忘れた時相手が通話を切った場合でも通話料が掛かりますか?

    • ぱそふぉん より:

      相手の方が電話を切った時点で回線が切れているので、通話料はかからないと思います。