Androidデータセーバーでパケット節約!バッテリーもちも向上


スポンサーリンク

Android7.0以降の機種では、「データセーバー」という項目があります。
どういう設定なのかというと、

「モバイル回線での通信を、有効にしたり無効にしたりする機能」

です。
※Wi-Fiでの通信は制御しません。

LINEなどの多くのアプリでは、スマホを使っていない時でも、データ通信をする時があります。

例えば、LINEでトークが送られてきたとき、スマホを使っていなくてもトークが受信できるのは、バックグラウンドでデータの通信が行われたからです。

LINE

このように、バックグラウンドでの通信は、スマホには欠かせないものです。
しかし、必要の無い通信が行われることもあり、その場合、

「パケットをムダに消費してしまう」
「バッテリーのもちが悪くなってしまう」

こんなことになってしまいます。

ここでは、アプリがムダにバックグラウンド通信をしない設定を、みていきたいと思います。


スポンサーリンク

設定をする

設定項目を表示させる

ここでは、Android7.0のスマホを参考に、設定していきたいと思います。

まず、「設定」から、「データ使用量」を選択します。

データ使用量

次に、「データセーバー」を選択します。

データセーバー

次に、「データセーバーをON」にして、「データへの無制限アクセス」を選択します。

データへの無制限アクセス

設定をする

すると、アプリ一覧が表示されます。

アプリ一覧

このアプリ一覧で、

「バックグラウンドでの通信をさせたいアプリを、ON」

にします。
逆に言うと、バックグラウンドでの通信を無効にするアプリを、OFFにします。

例えば上の例で言うと、LINEはONになっています。この場合、LINEでのバックグラウンドでの通信は行われます。なので、スマホを使っていない時でも、LINEの通知はきます。
ここがOFFになっていると、LINEのトークが来た場合でも、通知はされません。

なお、「Google Play開発者サービス」など、最初からONの状態になっているものは、OFFにしないようにしましょう。

まとめ

バックグラウンドでの通信が行われないと言うことは、それだけバッテリの消費も少なくなると言うことです。

バックグラウンドでの通信の無効化は、バッテリーもちの改善にもつながっていきます。

なお、必要以上にバックグラウンドでの通信を無効化してしまうと、必要な情報がリアルタイムで通知されないこともあります。設定に当たっては、この点を注意しましょう。


スポンサーリンク