MediaPad M5 lite 10レビュー


スポンサーリンク

今年のお正月に、自分へのお年玉として買ったもの、それは「MediaPad M5 lite 10」でした!

Y!mobile版の「MediaPad T2 Pro(606HW)」を持っていた私が、なぜすぐに乗り換えたのかというと、それは「スピード」です。スペックは少し低くてもいい、なんて最初は思っていた私でしたが、606HWはあまりにも動作速度が遅すぎたのです。

メーラーやブラウザの起動に10秒以上かかるときもあり、そのもたつきが「高スペックは買わない、中の下くらいの性能が一番」という私の気持ちを変えました。

中の下ではなく、中の上くらいにしよう」

最初はMediaPad T5(アマゾン価格約17000円)をねらっていたのですが「RAMが2GB・指紋認証がない」のが気になり、たどり着いたのがMediaPad M5 lite 10(アマゾン価格約27000円)でした。私が購入したのは、RAM3GB、ROM32GBのモデルです。

今回は、MediaPad M5 lite 10の開封レビューとなります。


スポンサーリンク

スペック

 

 MediaPad M5 lite 

 OS  Android 8.0
 CPU Kirin 659
8コア
4 x 2.36GHz + 4 x 1.7GHz
 画面

10.1インチ
1920 x 1200 ピクセル

IPS液晶

 RAM 3GB
 ROM 32GB
 バッテリー容量

 7500mAh、急速充電(9V、2A)

 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz 、5GHz)
 カメラ  アウトカメラ
800万画素
インカメラ
800万画素
 防水  -
 防塵  -
 サイズ 幅243.4 / 縦162.2 / 厚さ 7.7 mm
 重さ 480g
 USB USB 2.0 type-c
 その他

Bluetooth v4.2
GPS、Glonass、BDS
センサー:指紋認証、加速度、照度、電子コンパス、ホール、距離

外観

外観をみていきたいと思います。なお、液晶保護ガラスを貼っていますので、少し段差が見えます。

下からの写真です。スピーカーが2つ左右にあります。真ん中には指紋認証センサーがあります。

 

 左からの写真です。イヤホンジャック、USBポート、microSDカードスロットがあります。

 

 上からの写真です。スピーカーが左右二つにあります。その間にある4つの穴がなんなのかは、不明です……。

※2019/1/14 追記 この穴はマイクのようです。

 

右からの写真です。ボリュームボタンと電源ボタンがあります。

特徴

一番すごいところ!

私がスマホやタブレットに第一に求めることは、バッテリーのもちがよいことです。いくら性能がよくても、すぐにバッテリーがなくなってしまうのは、快適さという点で考えると、残念なことです。

このタブレットの一番すごいところは、バッテリーがとてもよくもつことです。7500mAhという大容量なだけのことはあり、今まで使ったタブレットの中でも一番です!

指紋認証が快適すぎる

一瞬でロックが解除されます。誤認識はほとんどありません。余りに認識が早いので、登録していない指でも解除されるのかと思いましたが、そんなことはありませんでした。

動作速度が速いけど……

動作速度は、606HWと比べるとかなり速く、ストレスを感じさせません。これはCPUの性能やRAMの容量にも関わってくるのでしょうが、とにかく速いです!

ただ、ゲーム向きではないでしょう。

以下、ベンチマーク(AnTuTuベンチマーク v7.1.3)の値です。

数字だけをみると、そんなに高性能というわけではありません。負荷の大きいゲームなどは、快適にプレイすることはできないでしょう。

参考までに他のベンチマークも。

快適な音響

スピーカーが4つもあります。Harman Kardonの音響チューニングもあり、かなりいい気持ちで音楽を楽しむことができます。

やはり快適、大きな画面!

私は据え置きで使うためにこのタブレットを買いました。据え置きなので、画面は大きい方がよいのです!

10.1インチの画面がよい理由

画面の大きさが10.1インチ以下のタブレットの場合、office(ワードやエクセルなど)の基本的な機能を使うことができます。もちろんこのMediaPad M5 liteでも同じです。

上位機種は、画面の大きさが10.8インチとなっています。この場合、ワードやエクセルなどのデータの作成や編集はできません(表示できるだけ)。この点からしても、この機種を選ぶ価値はあるでしょう。

GPS精度が何気によい!

GPSや電子コンパス内臓なのが意外でした。タブレットだと機能がないものもありますし。

確認した限りでは、かなり正確な位置情報が取得できているようです。誤差もあまりありません。

まとめ

まだあまり使い込んでないのですが、このタブレットは、買ってよかったと思わせるだけの特徴をいくつも持っています。

1月1日に購入したタブレット、じっくり使い込んでいきたい気持ちにさせられるものがあります。


スポンサーリンク