WikoViewで知らないとヤバい!自分の位置情報がバレる!!


スポンサーリンク

Wiko Viewは、ハイエンドではないながらも、コストパフォーマンスに優れ、普段使いに適しているスマホです。

さて、Wiko Viewを使うにあたり、気がかりな点が一つあります。
それは、

「カメラ」で写真を撮ると、位置情報が記録されてしまう

と言う点です。
「カメラ」とは、標準でインストールされているカメラアプリのことです。

カメラアイコン

何も考えずに写真を撮ると、位置情報が記録されてしまいます。
位置情報は、たいせつな個人情報でもあります。
自分がどこにいたのか、情報として見ることができます。最悪、自宅の住所まで特定されてしまうことにもつながりません。

標準のカメラアプリでは、位置情報を記録するかしないか、設定することができません。

今回は、位置情報を記録せずに、写真を撮る方法を見ていきます。


スポンサーリンク

位置情報を記録しない、写真の撮り方

「権限の設定」が終わっている方(カメラアプリを起動しても、何も表示されない方)は、

からお読み下さい。

カメラアプリを起動する。

すると、次のように表示されます。

権限表示

実際にカメラアプリが電話発信することはないと思いますので、「許可」で大丈夫だと思います。
(許可しないとカメラアプリが起動しない)

心配な方は、標準のカメラアプリを使わないことをおすすめします。
(おすすめカメラアプリは、一番下で紹介しています。)

位置情報へのアクセスを「許可」にする。

位置情報へのアクセス

ここで、「許可しない」を設定すると、カメラアプリが起動しません。
ですので、ここでは「許可」を設定します。

スマホの「設定」の中の「位置情報」を選択する。

スマホの設定

位置情報の設定

位置情報

最後に、「位置情報」をOFFにする。

位置情報

この設定で、写真に位置情報が記録されなくなります。

注意点

地図や天気予報アプリなど、位置情報を必要とするアプリは、このままでは使用できません。

また、何らかの形で、位置情報がONになるときがあります。
例えば、地図アプリを起動したときに「位置情報をONにしますか」でONを選択したときなどがあげられます。

位置情報が写真に記録されてもいいよ、という方はよいのですが、大多数の方は、それを知られたくないと思います。
特に自宅で写真を撮ったときなど、自宅の場所がバレてしまいます。

SNSなど、アップロード時に位置情報を自動的に消してくれる場合もありますが、油断禁物です!

ソフトウェア更新で、この仕様が改善されることを望みます。

標準カメラを使うのが不安な方は、次のアプリをおすすめします。

アプリ

Open Camera

位置情報を記録するかどうか、設定で決めることができます。
初期状態では、「位置情報を記録しない」設定になっています。


スポンサーリンク