UMIDIGI S3 Pro レビュー:高級感あふれる日本仕様なスマホ!技適マーク


スポンサーリンク

記事が前後してしまいましたが、今回は「UMIDIGI S3 Pro」のレビューをします。

UMIDIGI F1などとは違い、正方形の少し高級感のある箱に入っています。

箱を開ける前は、なんだかドキドキしませんか?

昔のスマホの箱は、お饅頭が入ってるような箱に入っていたような気がします。

いつからか、外箱も商品の一部になっていました。


スポンサーリンク

外観

箱の中身

ふたを開けたところです。日本のAmazonで買ったものではないため、充電器のコンセントは、日本のものとは形が違います。

 

こちらがUMIDIGI S3 Proです。

スマホ全体

全体です。外側がセラミックなS3 Proは、ピカピカと輝き、手触りもサラサラです。これだけでも所有している満足感があります。

スマホの下部

下側から見てみましょう。スピーカー、USB Type-Cコネクタ、マイク、イヤホンジャックがあります。イヤホンジャックが省略されているスマホが多くなっていますが、S3 Proにはちゃんとあります。

カメラレンズの部分

カメラのレンズは、1mmほど出っ張っています。純正のケースをつけても、気にならない程度で少し出っ張ります。

指紋センサー

指紋センサー周辺です。やはりカメラの出っ張りが気になります。指紋センサーの感度は良好で、誤認識もあまりありません。

高級感あふれる外観

高級感あふれる外観です。これだけでも、買ってよかったと思わせるものがあります。

 

スペック

 

UMIDIGI S3 Pro

 OS  Android 9.0
 CPU

MediaTek Helio P70
8コア
4 x 2.1GHz A73
+4 x 2.0GHz A53

 GPU Mali G72 MP3 900MHz
 画面

6.3インチ
2340 x 1080 ピクセル
インセル型LTPS
水滴型ノッチ

 RAM 6GB
 ROM 128GB
 バッテリー容量

 5150mAh
急速充電(9V、2A)

 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz 、5GHz)
 対応バンド

FDD-LTE:1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/
20/25/26/28A/28B
TDD-LTE:34/38/39/40/41
EVDO:BC0/BC1
WCDMA:1/2/4/5/6/8/19
TD-SCDMA:34/39

 カメラ

 アウトカメラ
4800万画素
(SONY IMX586/F1.7)
+ 1200万画素

インカメラ
2000万画素
(SONY IMX376/F2.0)

 防水  -
 防塵  -
 サイズ

幅74.65 mm / 縦157 mm
厚さ 8.5 mm

 重さ 216.6g
 USB USB 2.0 type-c
 その他

Bluetooth v4.2
GPS、Glonass、BDS
DSDV対応
指紋認証、顔認証、地磁気センサーなど

操作感・サクサク感

スクロール、タップの反応など、通常操作において、引っかかりを感じることはほとんどありません。快適に操作することができます。

ただし、ハイスペックなスマホではないので、高負荷なアプリでは、遅延を感じることがあると思われます。

カメラ

カメラに関しては、撮影して確認した限りでは、ホワイトバランスがおかしくなるときがありました。たとえば肌の色が青っぽくなってしまうなどです。

標準カメラアプリではAI機能がついていますが、ON・OFFそれぞれの画質の違いがよくわかりません。

以下の写真は、AIをON・OFFにして撮影しましたが、どちらがAIをONにして撮影したものか、分からなくなりました。

(クリックすると元画像が表示されます。)

ぼかしの効果が得られる「ステレオ」では、UMIDIGI F1と同様、不自然なボケになります。

下の写真は「ステレオ」で撮影しましたが、街灯のあたりがとても不自然です。(クリックすると元画像が表示されます。)

下の二枚の写真は、普通にパシャっと撮った写真です。(クリックすると、元画像が表示されます。)

バッテリーのもち

バッテリーは、僕の使い方では、充電なしでも2日間もちます。詳しく説明するのが難しいのですが、webサイト閲覧なら、連続12時間程度もちました。

液晶の輝度や通信の頻度にもよると思いますが、バッテリー容量が5150mAhもありますので、3000mAhなどのスマホと比べると、そのバッテリーのもちには驚くことと思います。

画面

画面はきれいに表示されます。

気になったのは、ベゼルが狭いせいか、タップの誤認識が多いという点です。左手でスマホを持ち右手で操作する場合、左手の指に液晶が過剰反応してしまうことが多いです。

この点は、ケースをつけるとほぼ解決されますが、そのかわりきれいな本体が隠されてしまいます。

位置情報(GPSなど)

位置情報はかなり正確です。ただし、電子コンパスの精度がいまいちです。

スピーカー

外部スピーカーの音質は、良くもなく悪くもなく、普通です。

通話時では、相手の声が少し小さめに聞こえるときがありました。

なお、S3 ProはVoLTEに対応しています。ドコモ系格安SIMを使い、ドコモのケータイと通話テストをしましたが、高音質で通話することができました。

auやSoftBankについて、VoLTEに対応しているかどうかは、検証環境がないので、確かめることが出来ませんでした。

技適マーク

ソフトウェア更新をすると、技適マークをスマホの画面で確認することができます。

通話やデータ通信

対応バンドが多く、ドコモやソフトバンクのプラチナバンドに対応しています。ドコモのプラスエリアに対応していますので、山間部でも通話などが可能です。

auについては、au回線を契約していないので、確認することが出来ません。

ちなみに、わが家ではこのような状態です。

SIM1にリンクスメイトのSIM(通話、SMS)、SIM2にモナWi-FiのレンタルSIM(データ通信)を入れています。

まとめ

公式ショップ価格(Amazon)は、4/27現在、33333円です。

「あと少し出せば、nova3が買える」

ひょっとして、そう思う方がいるのではないでしょうか。全体の性能でいえばnova3の方が上です。

僕としては、プリインストールされているアプリが少ないという点で、UMIDIGI S3 Proをメインとして使っています。

あまり聞き慣れないメーカーのスマホですが、少なくとも僕は、メインとして使う上で何ら支障を感じていません。

特にバッテリーのもちには、かなり満足しています。バッテリーがよくもち、カメラにも少し性能を持たせたい方は、使ってみるのもいいスマホだと思います。


スポンサーリンク