UMIDIGIのスマートウォッチ「Uwatch」開封レビュー


スポンサーリンク

あまり知られていませんが、UMIDIGIは、スマートウォッチ「Uwatch」も販売しています。
ちなみにお値段は3000円台です。

僕は最近、腕時計をしていません。最近というか、もう数年間です。スマホがあるからと言うのがその理由なのです。
スマホとスマートウォッチを組み合わせると、便利になる何かがあれば、是非とも使いたい、そんな魅力を探してみたいのですよ。

すぐれたコストパフォーマンスをもつ同社のスマホですが、スマートウォッチでは、いったんどんな魅力を見せてくれるのでしょうか。今回は、開封レビューとなります。

ちなみに、箱の底面には、時計を設定するためのアプリへのQRコードが印刷されてあます。


スポンサーリンク

箱の中身

この箱の中に「Uwatch」が入っています。印刷されている時計はかっこいいですが、実物もかっこいいです!

Uwatch

開封したところです。
スマホと同じような印刷物が入っています。
「UMIDIGIを選んでくれてありがとう」


その下には、時計のガラス部分が!
スマホと同じように、保護フィルムが貼られています。


スマートウォッチ一式です。
一番右のケーブルは、専用の充電ケーブルです。
このケーブルをなくしてしまったり、壊してしまったりすると、充電できなくなってしまいます。


時計の裏側には、真ん中にセンサーが、その上には充電端子があります。


充電するときは、ケーブルをこのようにつなぎます。
すると画面が充電中の表示になります。


充電をして、Bluetoothでペアリングをし、設定まで行うと、本格的に使える状態になるようです。

「UMIDIGI Uwatch」でできること

スマートウォッチ機能

スポーツ

毎日の歩数、消費カロリー、移動距離を記録して表示できます。
データは、深夜0時にリセットされます。

睡眠

睡眠中にスマートウォッチを着用し続けている場合、睡眠時間と睡眠の質をデータとして見ることができます。
データは午後8時にリセットされます。


心拍数

心拍数テスト

心拍数のページを長押しすると、心拍数を測定することができます。
心拍数のページでは、過去7回分の心拍数測定データを表示することができます。

トレーニング

トレーニングの測定記録を開始するために、トレーニングページを長く押します。8つのスポーツモードがあります。
最後のトレーニング記録が、トレーニングページに記録されます。


天気

天気予報

今日と明日の気象情報を、天気のページに表示することができます。
アプリに接続した後は、天気予報は同期されていますが、長時間切断後は更新されません。

メッセージのリマインダ

Twitter、Facebook、Whatsapp、Instagramなどからの着信通知を同期することができます。
最後の3つのメッセージを同期することができます。


シャッター

リモートシャッター

デバイスを接続したあと、スマートフォンのカメラをリモートで制御できます。

音楽の制御

接続後、スマートフォンの音楽プレーヤーをリモートで制御できます。


その他

ストップウォッチ、アラーム、リマインダー

さっそく使ってみる

仕様には、「充電時間2時間、使用可能時間7日間」とあります。でも、アマゾンの説明には3時間とも書いてあり、どっちなのだろうといった感じです。

7日間もてば、十分使えると思うのですが、仕様はあまり当てにならないことが多いです。実際使ってみるとどうなるのか、興味があります。

次回からは、上に書いたそれぞれの機能について、使用感などのレビューを書いていきたいと思います。

新機種「Uwatch2」のレビューはこちら! 「充電も完ぺきだし、さっそく今日から使ってみよう!」 と、楽しみにしていたUMIDIG...

スポンサーリンク