ギガトラWi-FiのレンタルSIMの速度は?最強の格安SIMと比較してみた!


スポンサーリンク

先日ギガトラWi-FiのレンタルSIMを契約しました。
なかなかかわいらしい、トラさんのイラストが描かれています。
回線はSoftbankの回線です。

今回は、このギガトラWi-FiのレンタルSIMを、WiMAX2+ルーター「L01s」に装着し、WiMAX2+との速度比較をしてみました。

また、スマホで使った場合は速度が違ってしまうと思うので、こちらはUMIDIGI A5 Proに装着し、格安SIM「リンクスメイト」との速度比較もしてみました。


スポンサーリンク

速度比較

WiMAX2+との比較

早速SIMカードをL01sに装着します。

WiMAX2+の回線と、ギガトラSIMの回線とで、3回ずつスピードテストを行い、ダウンロードの値が一番速かったときのテスト結果を掲載します。
計測した時間帯は、本日9/10(火)午前9時ごろです。

WiMAX2+

ギガトラSIM

まとめると、

  • WiMAX2+ 下り46.65Mbps 上り15.28Mbps
  • ギガトラSIM 下り93.76Mbps 上り22.00Mbps

圧倒的にギガトラSIMのほうが速いです!
下り速度は約2倍の差があります。

格安SIM「リンクスメイト」との比較

「リンクスメイト」は、ドコモ系格安SIMの中では速度が最も速くて最強と言われている格安SIMです。

早速SIMカードをUMIDIGI A5 Proに装着します。

それぞれのSIMの回線で、3回ずつスピードテストを行い、ダウンロードの値が一番速かったときのテスト結果を掲載します。
計測した時間帯は、本日9/10(火)午前9時30分ごろです。

リンクスメイト

ギガトラSIM

まとめると、

  • リンクスメイト 下り22.3Mbps 上り23.2Mbps
  • ギガトラSIM 34.8Mbps 上り27.2Mbps

L01sに装着したときほどではありませんが、ギガトラSIMのほうが速い結果となりました。

まとめ

いずれのスピードテストにおいても、ギガトラSIMの方が速度が速いという結果となりました。

おすすめな使い方としては、

  1. WiMAX2+を解約して、その代わりにギガトラSIMをルーターで使う。
  2. 通話SIMとデータ通信SIMを分けて、スマホで使う。

というものが考えられます。

私の場合は、上記2の「通話SIMとデータ通信SIMを分けて、スマホで使う」方法を選びました。
リンクスメイトは一番安いプランにし、データ通信用にギガトラSIMを使っています。

リンクスメイトには100GBプランというものが存在しません。通話用SIMとデータ通信用SIMそれぞれを契約しても、値段的にはあまり高くなることなく、快適なスマホ環境を作ることができます。


スポンサーリンク