UMIDIGI X開封!使用感やケースのこと


スポンサーリンク

UMIDIGIの「UMIDIGI X」は、UMIDIGIの最新スマホです。

「画面内指紋認証」「AMOLEDディスプレイ」「トリプルカメラ」など、今までにはないスペックが盛り込まれ、その出来具合に期待が集まっています。

今回は、そのUMIDIGI Xの開封レビューとなります。


スポンサーリンク

開封

いつものUMIDIGIの黒い箱の中に、UMIDIGI Xが入っています。

スペックが書かれています。
個人的には、画面内指紋認証の出来具合が気になります。

付属品

大きなXの文字が書かれたフィルムが貼られ、UMIDIGI Xが入っています。
さりげなく、画面の下の方に、指紋のマークが描かれています。

付属品一式です。
こちらもいつものUMIDIGIスマホと同じく、カードや説明書、充電器とケーブルが入っています。

充電器のスペックです。高速充電に対応しています。

本体

背面

ブラックは、一本の赤い線が入った、とてもかっこよいデザインです。
また、背面はガラスで、とても高級感があります。

トリプルカメラ

カメラの部分です。標準のカメラの他、深度測定用のカメラ、そして超広角カメラが内蔵されています。

カメラの出っ張りはかなりあります。付属のケースをつけると出っ張りは隠されます。ケースをつけての使用をおすすめします。

画面

見た目には、UMIDIGI F1よりも一回り大きい感じです。実際、縦と横に数ミリずつ、UMIDIGI F1よりもサイズが大きくなっています。

なお、UMIDIGI Xには、前面カメラ右上に、通知LEDがついています。通知が来たときや充電中に光ります。とても小さな通知LEDですが、なにげにうれしい機能です。

スピーカー側

スピーカー側です。左から、マイク、USB Type-Cポート、スピーカーとなっています。スピーカーの音質は、個人的にはUMIDIGI F1の方がよいと感じました。

電源ボタン側

画面に向かって右側に、電源ボタンとボリュームボタンがついています。
また、SIMカードトレイもこちら側にあります。

SIMカードトレイです。
DSDVに対応していますが、microSDカードを使ってしまうと、SIMカードは1枚しか使えません。トリプルスロットが望まれるところです。

左側面

左側面には、何もついていません。

上部

スマホ上部に、イヤホンジャックがあります。
個人的には、イヤホンジャックは下についてほしいと思うのです。なぜなら、上についていると、スマホをポケットに入れたとき、イヤホンジャックがポケットの奥側になってしまい、取り扱いが面倒になってしまうからです。

少し触ってみた!

画面内指紋認証のできは……

期待していた「画面内指紋認証」ですが、今のところ、できは最悪です!
試行錯誤した結果、設定で、画面をかなり明るくしていないと、指紋を全くといっていいほど、認識してくれないことが分かりました。

また、画面を明るい状態にしている時にも、誤認識が時々あります。

ここは普通に、背面に指紋認証センサーを持ってきてもよかったのではないでしょうか?

この最悪なできは、ソフトウェアのアップデートで改善されるとよいのですが……。

動作速度は?

UMIDIGI F1と同じく、Helio P60ということもあり、動作はサクサクしています。動作がサクサクしていることもあって、画面内指紋認証のできがよければ、と強く思います!
サクサク操作ができても、指紋認証がうまく働かないので、余計気になります。

画面の精細さは?

UMIDIGI F1は、画面の解像度が2340 x 1080 ピクセル、対してUMIDIGI Xの画面の解像度は1548 x 720 ピクセルとなっています。解像度が下がることで、どれくらい違いが出るのか、見比べてみました。

細かい文字(例えばバッテリー残量の数字)などを見れば、解像度が低い分、少しぼやけて見えますが、個人的に、普通に使っている限りでは、そんなに気になるほどのものではありません。

ケースは?

付属のケースは、残念ながらいつもの黒いケースです。
UMIDIGIスマホ全体、黒で統一されてますよね。
UMIDIGI Xは、ブラックでもかっこいい模様が入っているので、本体色が楽しめる透明なケースがいいですよね。

技適マーク

購入時から、技適マークを確認することができます。

まとめ

今回は、開封レビューということで、主に外観を見てきました。
見た目は高級感もあり、手触りもとてもよい感じです。

画面内指紋認証については、今後改善されることを望みます。


スポンサーリンク