アプリの起動にパスワードでロックをかける【プライバシーを守る】


スポンサーリンク

スマホでは、ほとんどの人が、指紋認証や顔認証を使っているのではないでしょうか。大体の場面では、自分のプライバシーは、これらの機能で守ることができます。

では、こんなことはありませんか?

「スマホのロックを解除しているときに、中のデータを見られるのが心配。

スマホは普通、他人に貸すことはほとんどないと思います。それでも、家族や友達に貸すことがあるという方は、多いのではないでしょうか。

そんなとき「このアプリ絶対起動しないで!」とは言いにくいときもあると思います。

スマホのロックを解除してるときは、たとえ数十秒間でも、誰もがスマホの操作ができてしまいます。
誰かにスマホのデーターを見られてしまう可能性があるのでは、プライバシーを守れませんし、例えば勝手に電話をかけられてしまうと、意図しないお金がかかってしまいます。
例えば私の場合、あるアプリを使いたいと言われてスマホを貸したとき、見られたくない写真を見られそうになったことがありました。

ここでは、「アプリの起動に、自動的にロックをかける」アプリを紹介していきます。

※Androidのアプリとなります。


スポンサーリンク

使用するアプリ


使用するアプリは、
「ノートンアプリロック」

です。


設定方法

※あらかじめ、スマホに指紋が登録されているものとして、説明をしていきます。

「他のアプリの上に重ねて表示」

アプリを最初に起動すると「許可が必要です。」と表示されるので、「OK」を選択します。
すると「他のアプリの上に重ねて表示できるようにする」と表示されるので、これを「ON」にします。

そして「戻る」をタップすると「セットアップ」と表示されるので、それをタップします。

ユーザー補助の設定

次の画面が表示されます。(機種により、若干違いがあります。)
「ノートン アプリロックサービス」を探してタップします。

 

次の画面で「サービスの使用」の項目を「ON」にします。

すると「ノートン アプリロックサービスを利用しますか?」と表示されるので、「OK」を選択します。

 

ロックをかけたいアプリの選択

次にこのような画面が表示されるので、登録している指紋で認証します。

 

インストールされているアプリ一覧が表示されるので、起動にロックをかけたいアプリを選択していきます。
この画面の場合だと、「Twitter」「設定」「連絡先」などにロックをかけていることがわかります。

 

ロックしているアプリを起動しようとすると、次のような画面が表示されます。(ここでは「設定アプリ」を起動しようとしています。)

「セッション中のアプリをロックしておく」にはチェックを入れておきましょう。チェックを入れていないと、時々ロックしているはずのアプリが、認証を経ずに起動してしまいます。

まとめ

ここでは、スマホのロック解除ではなく、アプリの起動にロックをかける方法を説明してきました。

プライバシー保護に念には念を入れたい方には、有用なアプリだと思います。


スポンサーリンク