【レンタルSIM】ルーターが違うとスピードも違う!【モナSIM】


スポンサーリンク

私はいま、モナWi-FiのレンタルSIMをスマホで使っています。速度は速く、昼12時台のスピードも遅くなることなく、とても快適です。

ここで疑問がわきました。

「SIMを入れる機器の違いによって、通信速度は違うのかなぁ?」
「違うんだったら、どれくらい違うのかな?」

というわけで、今回は、SIMカードを入れるルーターやスマホによって、どれくらい通信速度が変わるのかを、検証してみたいと思います。


スポンサーリンク

測定環境

  • 使う機器

左から、

ルーター① Speed Wi-Fi HOME WHITE L01s
スマホ UMIDIGI F1
ルーター② Speed Wi-Fi NEXT W03(ハイパフォーマンス設定)

ルーターはすべて5GHz帯で接続しています。
測定した時間は、午前7時半前後です。
測定に使用したアプリは「 Simple Speedcheck」です。

UMIDIGI F1は、SIMカードを内蔵し、LTE回線でテストをしています。
L01sとW03は、それぞれにSIMカードを挿入し、UMIDIGI F1とWi-Fiで接続してテストをしています。

結果

3回計測して、ダウンロードが一番速かったものを掲載しています。

ダウンロードが速い方から順に、

L01s、W03、UMIDIFI F1

となっています。

考察

ルーターの方が速めのスピードが出ますが、ルータによっても違いがあることが分かります。ルーターは、スピードを速くする技術が使われているのでしょうか?

例えば、「キャリアアグリゲーション」「4×4MIMO」などがあげられます。

L01sでは両方に、W03ではキャリアアグリゲーションに対応しています。
UMIDIGI F1は、仕様を見る限り、どちらにも対応していません。

キャリアアグリゲーションとは、データ通信に用いられる複数の周波数帯域を同時に使用することで、通信の高速化や安定性の向上を実現する技術である。

キャリアアグリゲーションとは何?
https://www.weblio.jp/content/キャリアアグリゲーション

4×4MIMOとはデータの送信側(基地局)と受信側(ルーター)のそれぞれに4本のアンテナを搭載し、複数のデータを同時に送受信することで、高速通信を実現する技術の事です。

「4×4MIMO設定」とは何ですか?
https://faq.uqwimax.jp/faq/show/15491?category_id=1366&site_domain=wimax

しかし、L01sやW03は、UQモバイルやauから販売されているルーターです。
ソフトバンク回線であるモナWi-Fiで、これらの技術が果たして使われているのでしょうか?
この点については、よく分かりません。

まとめ

今回の検証では、自宅据え置きで使うなら、L01sなどの据え置き型ルーターを使う方が、より快適なネット環境を作れることがわかりました。
※機器を変更すると、結果が違ってくる可能性はあります。

例えばL01sなどは、ヤフオクで2000円~3000円と、比較的安価で出品されていますので、買いやすいです。

「自宅のネット回線を、レンタルSIMにしたい」

こんな時は、据え置き型のWiMAX2+ルーターに、例えば裏モナSIMプランなどを使うと、かなり快適なネット環境を作ることができるのではないでしょうか。


スポンサーリンク