UMIDIGI F2よりもUMIDIGI Power 3を選ぶべきたった一つの理由


スポンサーリンク

11月11日~12日の2日間、海外通販サイトAliExpressで大々的なセールが行われます。

私は、UMIDIGI Power 3の購入を予定しています。

UMIDIGI F2よりも、UMIDIGI Power 3を選ぶ理由

今回は、このあたりについて考えていきたいと思います。


スポンサーリンク

まず、この2機種でのスペック上の主なポイントについて、みていきたいと思います。

スペックの注目ポイント

目につくスペックの違いは、先日の記事にも書きましたが、次の4点です。

  • CPU
  • RAMとROMの容量
  • UFS 2.1サポート
  • バッテリー容量

2機種のうち、どちらのスマホを選ぶべきか、悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
ここで私が重視したいのは「普段使いでの快適さ」です。

何をもって快適とするか、人それぞれだと思います。
ここで考えたいのは、「毎日スマホを使っていて、一番気にすることは何か?」という点です。

私は「バッテリーのもち」を一番気にします。

最近のミドルスペック機では、動作速度にはベンチマーク上で多少の差があるものの、実際の動作には大きな違いは感じられませんし、あまり気にもなりません。

それよりも「バッテリーのもち」を気にしませんか?

「バッテリーの残りが少ない、どうしよう!」

最近は、モバイルバッテリーを持ち歩く方も多くなりました。
普段使いでの快適さを大きく左右するのは、バッテリーの容量であると、私は考えます。

バッテリーがよくもつスマホには、安心感がある

ゲームをしても、音楽を聴いても、動画を見ても、電話をしても、LINEをしても、まだまだバッテリーには残りがある!
バッテリーがよくもつと、日常的に必須アイテムなスマホを、より安心して使うことができます。
モバイルバッテリーを持ち歩くという方法もありますが、荷物が増え、あまりスマートな使い方ではないと思います。

懸念されること

バッテリーがよくもつことは、安心感につながりますが、デメリットとして、スマホが重くなるという点があります。
UMIDIGI Power 3の重さは228g、その他のスマホよりも重く感じる方も多いでしょう。
これに対しては「慣れ」に期待しましょう。
スマホが徐々に大画面化していた時期、大画面化に反対していた方々も、今では普通に、当時よりも画面が大きなスマホを使っているのではないでしょうか?

まとめ

スマホの大画面化の次に来るトレンドとして、バッテリー容量の増加がすでに来ているでしょう。バッテリー容量の差でスマホ選びをするのも、大いにありえる方法です。
というわけで、私はUMIDIGI Power 3を選んだというわけです。
UMIDIGI Power 3よりも多いバッテリー容量をもつスマホ、上には上があります。値段的に折り合いが付けば、ぜひ使ってみたいものです。


スポンサーリンク