Redmi Note 8 Pro 開封してみた


スポンサーリンク

使ってみたレビューはこちら!

驚くほどの快適感をもたらすスマホ、それはRedmi Note 8 Proです。2万円台でRAM 6GB / ROM 128GBの大容量CPU...

 

OPPO Realme Qとは別に、以前から気になっていた端末がありました。それはXiaomiのサブブランドであるRedmiから発売された「Redmi Note 8 Pro」です。

2万円台から3万円台のスマホは、各社から魅力的な機種がどんどん発売されています。そのなかでもRedmi Note 8 Proは、最新のMediaTek Helio G90Tを搭載ということで、その性能に注目していました。

今回はRedmi Note 8 Proの、RAM 6GB/ROM 128GBモデルを入手しましたので、その開封レビューとなります。


スポンサーリンク

開封

箱の中身

開封すると、一番上にはスマホケースや説明書が入っている小箱があり、その下に本体が収められています。

 

スマホケースは透明なTPU製のものです。USBの部分がキャップで閉じられるようになっています。個人的には、何度も開け閉めしているとちぎれそうなのが、気になります。

 

本体と充電器、そしてUSBケーブルです。プラグの形が日本のものとは合わないので、このままでは使うことはできません。

 

充電器です。12V-1.5Aの高速充電に対応しています。

本体

液晶面

スペックが書かれたフィルムが貼られています。注意すべきなのは、Redmi Note 8 Proには、液晶保護フィルムが貼られていないという点です。この文字が書かれているフィルムの下は、すぐガラスになっています。購入の際は、保護ガラスや保護フィルムも一緒に購入したいですね。

 

裏面

裏面です。色は、真っ白というよりは、少し青味がかった色です。

 

カメラ部分です。一番左の丸い部分は、カメラレンズではなく、指紋認証センサーです。レンズを指で触ってしまうことがあるのが、気になります。

本体右側

ボリュームボタンと、電源ボタンがあります。なお、外部スピーカーの音質は、至って普通です。

本体左側

SIMカードトレイがあります。

 

トレイは、トリプルスロットではないので、microSDカードを使う場合は、SIMカードは 1枚しか使うことができません。

スマホ下部

スピーカーやマイク、USB type-Cポート、イヤホンジャックがあります。

スマホ上部

マイクの穴一つと、もう片方は、リモコン機能で使います。

少し使ってみた

動作はサクサク・キビキビ!

画面のスクロール、アプリの起動や切り替えなど、予想以上にスパッと感があります。使っていて、とてもよい心地よさです。

バッテリーのもちはなかなかよい

バッテリーの容量は4500mAhで、どちらかというと多目の部類に入ります。バッテリーが100%から50%になるまで、webサイト連続閲覧で9時間ちょっとほどかかりました。

多機能カメラ

数枚撮った限りではきちんと評価できませんが、超広角からマクロレンズまで、さまざまな楽しみ方ができるカメラです。写りも悪くはないと感じます。

位置情報は完ぺきに近い!

マップアプリで確認すると、位置情報や電子コンパスなどの精度はかなり高く、快適に使うことができました。

DSDV対応で、VoLTE通話も可能

少し手間がかかりますが、ドコモ回線でVoLTEに対応させることができました。画像は、音声通話でOCNモバイルONEの音声通話SIM、データ通信でモナSIMを使っている様子です。一番右側はバッテリーマークです。

まとめ

軽く使ってみた感想としては、この価格帯では最高なスマホだよ!という感覚です。

セールスポイントとしては、

  • 低価格でもサクサク・キビキビ動く性能
  • 大画面できれいな液晶
  • よくもつバッテリー
  • そこそこきれいに写るカメラ

といったところでしょうか。
使ってみたレビューは、次回以降にお伝えしていきたいと思います。

↓ 使ってみたレビューはこちら!

驚くほどの快適感をもたらすスマホ、それはRedmi Note 8 Proです。2万円台でRAM 6GB / ROM 128GBの大容量CPU...

スポンサーリンク