心地よく使える!Redmi Note 8 Proレビュー【Helio G90T搭載】


スポンサーリンク

驚くほどの快適感をもたらすスマホ、それはRedmi Note 8 Proです。

  • 2万円台でRAM 6GB / ROM 128GBの大容量
  • CPUには最新のMediaTek Helio G90Tを搭載でゲームも快適
  • 6.53インチという大画面
  • 4500mAhの大容量バッテリー
  • マクロから超広角まで楽しめるカメラを搭載

これだけのスペックのスマホが、2万円台から手に入ってしまいます。

今回は、細かな機能も見つつ、使ってみたレビューをしていきます。、


スポンサーリンク

おどろきの低価格

Amazon価格で2万円台後半、価格とスペックを考えると、おどろきの低価格です。

気になるスペック

その気になるスペックは、次のようになっています。
(グローバルモデル)

 

Redmi Note 8 Pro

 OSMIUI 10
(Android 9.0ベース)
SoCMediatek
Helio G90T
CPU8コア
2 × Cortex-A76  2.05GHz
 6 × Cortex-A55  2.0GHz
 GPUMali-G76 MC4
 画面6.53インチ
2340×1080 ピクセル
水滴型ノッチ
Corning Gorilla Glass 5
 RAM6GB / 8GB
 ROM64GB / 128GB
 バッテリー容量

4500mAh
急速充電
Quick Charge 4.0+

 Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz  / 5GHz)
 対応バンド

GSM 850 / 900 / 1800 / 1900
3G : 1/ 2/ 4/ 5/ 8
4G : 1/ 2/ 3/ 4/ 5/ 7/ 8/ 20/  38/ 40

 カメラ

 アウトカメラ
6400万画素(メインカメラ F1.8)
800万画素(広角カメラ F2.2)
200万画素(マクロカメラ F2.4)
200万画素(被写界深度測定用 F2.4)

インカメラ
2000万画素
(F2.0)

 防水
 防塵
 サイズ

 縦161.4mm / 幅76.5mm /  厚さ 8.8mm

 重さ199.8g
 本体色Forest Green
Mineral Grey
Pearl White
 USBUSB Type-C
 その他

4眼カメラ
Bluetooth 5.0(A2DP,、LE)
A-GPS, GLONASS, GALILEO, BDS
DSDV対応
イヤホンジャック付き
指紋認証、顔認証
近接センサー、ジャロセンサー
加速度センサー、電子コンパス

本体色

本体色には、グリーン・グレー・ホワイトの3色があります。
個人的には、ホワイト(パールホワイト)がきれいだなと思います。
ホワイトの中に、かすかに感じられるブルーが、とても幻想的です、

ベンチマーク

AnTuTu Benchmark

v8.0.4-OB

 

v7.2.3

 

Geekbench 5

AndroBench

サクサク感は?

まずRedmi Note 8 Proを操作してみた第一印象、それは「キビキビ!サクサク!」っていう、動作の速さです。
10万円に近いスマホにも劣らないほど、通常動作は速いです。複雑な処理が必要なアプリでは差がつくのでしょうが、私のようにwebサイト閲覧、SNS、LINE、動画などがメインの使い方の場合、これ以上にないほどの快適さを味わい、楽しむことができます。

私はゲームはやりませんので、ゲームを使ったレビューはできませんが、ゲーム以外のアプリでも、そのサクサク感を感じることができます。

バッテリーのもちは?

比較的頻繁に使って、バッテリーが100%から50%になったのが、使い始めたから14時間後です。間を開けず連続使用すると、もっと減りが速くなると思いますが、バッテリー容量が4500mAhということもあり、十分にバッテリーは持ってくれます。

高速充電は、純正品でなくても可能

純正の充電器は、日本のコンセントでは使えない形状のものです。ですが、純正品を使わなくても、高速充電は可能です。
下のAnkerPowerPort Speed 2でも、高速充電ができました。

上の充電器を使っているときの、電圧と電流です。(バッテリー75%のあたり)

充電にかかる時間

バッテリーが5%から100%になるまでの時間は、約1時間40分でした。
なお、これは純正の充電器ではなく、AnkerのQuickCharge3.0対応充電器で充電したものです。純正の充電器とほぼ同じ速さで、充電できました。

スリープ時のバッテリーの減り

約2時間に1%減っている感じです。
何もしなくてもどんどん減っていく機種もありますが、この結果は優秀です。

ノッチを隠せる

人によっては、じゃまに感じるノッチを、隠すことができます。
隠し方には2種類あります。

カメラ画像

画像をクリックすると、もとの画像が表示されます。

通常カメラ

通常カメラ

超広角カメラ

通常カメラ

超広角カメラ

AIによるフードモード

 

マクロ撮影

マクロ撮影

夜景モード

夜景モード

あとから、ぼけの具合を調節できる

赤い矢印の先、どこかで見たようなマークですが、ここをタップすると、背景のぼけ具合を、あとからでも調節できます。

 

ぼけ具合を少し強めにしてみました。
カメラの処理があまいのか、ぼけてはいけない部分もぼけてしまっています。

トリプルスロットじゃない

残念ながら、SIMカードトレイは、トリプルスロットではありません。microSDカードを使うと、SIMカードは1枚しか使うことができません。トリプルスロットが望まれるところです。

位置情報

マップで確認した限りでは、正確な位置を取得していました。

ATOKが使えない

ATOKのインストールはできますが、文字を入力すると、フリーズしてしまいまい、使えません。
いつの間にか、ATOKが使えるようになっていました。使えなかった原因は不明です。

指紋認証の速さは?

指紋認証センサーがやや小さいからか、たまに誤認識をしてしまうときがあります。指がセンサーの上にちゃんと触れていないのが、その原因でしょう。

センサー(写真だと一番左の円形の部分)が、カメラレンズのすぐそばにあるので、それを意識して「レンズが汚れてしまう」と思ってしまい、センサーの上に思い切って指を当てることができないです。カメラとセンサーとはもう少し間隔を開けるべきではないかと思います。

イヤホンジャックがついています

最近省略されてしまうことが多い、イヤホンジャックですが、本機にはきちんとついています。
Bluetoothのイヤホンを使うのもありですが、お手軽さ、また音質を気にする方には、イヤホンジャックは必要でしょう。

アプリ起動をロック

標準で、アプリ起動をロックできる機能がついています。ロック解除には指紋が使えます。標準でこの機能がついていますので、起動をロックするアプリをダウンロードしなくてもよく、気軽に使うことができます。

電源のON/OFFを設定できる

電源のON/OFFを設定することができます。スマホを長期間電源を切らないで使っていると、不具合が生じてしまうことがあります。この不具合発生を防止するのに、役立てることができますね。

DisplayPort Alternate Mode対応は?

残念ながら対応しておらず、直接HDMI出力することは、できませんでした。

対応バンド

ドコモ、ドコモ系格安SIM

3Gに関しては、メインで使われているバンド1に対応していますが、プラチナバンドのバンド6には対応していません。都市部では快適に使えるでしょうが、郊外だと、つながらない可能性が高くなります。

LTEに関しては、バンド1、バンド3には対応していますが、プラチナバンドのバンド19には対応していません。郊外や地下などでは、つながらない可能性が高くなります。

SoftBank、ワイモバイル、SoftBank系格安SIM

3Gに関しては、バンド1,プラチナバンドのバンド8に対応していますので、快適に使用できると思われます

LTEに関しては、バンド1、バンド3、プラチナバンドのバンド8に対応していますので、快適に使用できると思われます。
なお、グローバルモデルはバンド41には対応していませんので、バンド41での通信はできません。

au、au系格安SIM

使用できません

まとめ

2万円台で手に入る、そこそこ高スペックなスマホ「Redmi Note 8 Pro」ですが、手放すことができないほど、その性能の高さがあります。
ゲーミングスマホといわれていますが、ゲーム以外の部分でも、その性能を感じることができます

ドコモやドコモ系格安SIMでは、プラチナバンドに対応していないなど、不安要因もありますが、メインで使うスマホとしても、十分すぎるほど使えるのではないでしょうか。

 
ガラスフィルムは、こちらがおすすめです。

スポンサーリンク