Blackview A60 Pro レビュー


スポンサーリンク

「Blackview A60 Pro」は、格安スマホの中でも、かなり使えるスマホなのですが、あまり名前が上がることはないですよね。

UMIDIGI A3 Proなどが話題に上がることが多いのですが、この「Blachview A60 Pro」も、値段の割にはかなり使えるスマホです。

どちらも値段はほぼ同じで1万円くらい、CPUはこちらのほうが性能がよく、バッテリーは4000hAmと、電池もちもよいです。

今回は、この隠れた名機「Blackview A60 Pro」のレビューとなります。


スポンサーリンク

開封

本体と付属品

このような箱に入っています。箱にはシルバーの模様が描かれています。


フタを開けました。今回の色はブラックにしてみました。


充電器とUSBケーブル、そして説明書です。USB端子は、Type-Cではなく、microUSBとなります。


こちらが充電器です。出力1500mAとありますが、本体を充電するときは、5V・1Aで充電されます。

本体

背面

※外観の写真は、付属のケースをつけてのものとなります。

TPU製のスマホケースが付属しています。また、画面には保護フィルムが貼られています。


これが技適マークですね。なお、スマホの設定からは技適マークを見ることはできません。


カメラと指紋認証部分です。カメラの出っ張りは、ほとんど気にする必要もないほどです。

カメラ下部

USBポートとマイクがあります。スピーカーは背面についています。

本体右側

カメラの右側には、音量ボタンと電源ボタンがあります。

本体上部

イヤホンジャックがあります。

本体内部

なんとこのBlackview A60 Pro、SIMカードやmicroSDカードは、背面のフタをあけないと、セットすることはできません。


それぞれ入れる場所がバラバラに分かれています。なお、SIMカードはnanoSIMカードを使います。

スペック

スペックは、次のようになっています。

Blackview A60 Pro

 OS Android 9.0
SoC

Mediatek
Helio A22
MT6761V/WB

CPU

4コア
 4 × Cortex-A53  2.0GHz

 GPU PowerVR Rogue GE8300
 画面 6.08インチ
1280×600 ピクセル
水滴型ノッチ
 RAM 3GB
 ROM 16GB
 バッテリー容量

4080mAh

 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
(2.4GHz  / 5GHz)
 対応バンド

GSM 850 / 900 / 1800 / 1900
3G : 1/ 8
4G : 1/  3/ 7/ 8/ 20/ 40


スポンサーリンク

 カメラ

 アウトカメラ
800万画素

インカメラ
500万画素

 防水
 防塵
 サイズ

 縦156.8mm / 幅74mm /  厚さ 9.8mm

 重さ

190g

 本体色

ブルー
ブラック

 USB microUSB
 その他

Bluetooth 4.2
GPS, GLONASS, BDS
DSDV対応
VoLTE対応(ドコモで確認)
イヤホンジャック付き
指紋認証、顔認証
近接センサー、ジャロセンサー
加速度センサー

ベンチマーク

AnTuTu Benchmark (V8.0.5-OB)

AndroBench

使用感

意外にサクサク動きます。

約1万円のスマホであると考えると、とてもサクサク動きます。UMIDIGI A3 Proと比べると、とても違いがあります。圧倒的にBlackview 60 Proの方が快適です。特に、Twitterやブラウザをスクロールさせると、よく分かります。

決してカクカクしないわけではないのですが、十分許容できる範囲内ではないかと、個人的には思います。

バッテリーは長持ち、でも充電に時間がかかる

さすがに4080mAhのバッテリーだけあって、ちょっと使いすぎたかなと思っても「あ、まだこれだけバッテリーが残ってる!」って思います。使い方によっては、1日十分に使えると思います。

でも、充電には時間がかかります。

付属の充電器には、5V・1500mAと書かれていますが、実際には5V・1Aで充電されます。他の急速充電に対応しているどの充電器を使っても、同じでした。

正確な時間は計っていないのですが、5%から100%になるまで、約4時間は必要でした。

コストダウンのためでしょうか、急速充電に対応していないのは、とても残念です。

位置情報は正確、でも電子コンパスがない

位置情報は正確です。でも、電子コンパスがないので、どっちに向かって進めばよいのか、特に都市部では迷ってしまいます。

指紋認証

指紋認証は、割と速く認識してくれます。
誤認識もほとんどありません。

外部スピーカー

スピーカーは、背面についています。音質はごく普通です。
少し出っ張りがあるので、机の上に置いても着信音は聞こえます。
でも、ケースをつけると、ケースの厚みで出っ張りがなくなります。その結果、机の上に置くなどすると、着信音が聞こえにくくなります。

技適マークはシールです

スマホ本体に技適マークは貼られています。
上でも書いたのですが、スマホの設定で表示させることはできません。

液晶保護ガラスを貼ると、タッチ感度が下がる

液晶保護フィルムでも、少し感度の低下を感じていました。試しに液晶保護ガラスにしてみると、画面タッチの感度が、悪くなっていました。(個体差かもしれません)
画面に何もつけていないときは、普通に操作ができるのですが、元々の画面はとても指紋がつきやすいのです。
すごく薄いタイプの液晶保護フィルムを貼るしかないのかな?

カメラ画像

クリックすると、元の画像が表示されます。
カメラの画質には、あまり期待しないほうがよいと思われます。








まとめ

1万円前後のスマホとしては、なかなか使えるのではないでしょうか。比較的サクサク動き、バッテリーのもちもとてもよいです。ただし、ゲームには向いていないでしょう。

カメラ画質の悪さやROMが16GBと少ない点、また対応バンドの少なさが気になります。
エリアについては、ワイモバイルやSoftBank系格安SIMをお持ちの方であれば、エリアの面で不安はないかと思われます。

比較対象として、何度かUMIDIGI A3 Proを例に出しましたが、対応バンドやデザインなどの面で問題がなければ、Blackview A60 Proの方が、幸せになれると思います。

また、新機種として、Blackview A80 Proも発表されています。こちらはさらにスペックアップされていますので、もう少し我慢して新機種を選ぶという手もありますね。

買いたいときが買い時です!


スポンサーリンク

コメント

  1. […] Blackview A60 Pro レビュー「Blackview A60 Pro」は、格安スマホの中でも、かなり使えるスマホなのですが、あまり名前が上がることはないですよね。UMIDIGI A3 Proなどが話題に上がることが多いの […]