新機種UMIDIGI F2 実機レビュー 2


スポンサーリンク

さて、昨日レビューした新機種「UMIDIGI F2」ですが、ずっと使っていると、やはり大きさと重さがずっしりときます。
200g以上の重さは、さすがにきますね。UMIDIGI Power3はこれよりもさらに重いのですよね。「バッテリーもちはよくても、ここまで重いのはいやだ」って言う人がたくさんいそうな気がします。

本日は、昨日に引き続き、UMIDIGI F2の実機レビューをして行きたいと思います。


スポンサーリンク

しばらく使ってみた

ナビゲーションバーの設定

ナビゲーションバーの設定は、3つの中から選択することができます。
以下、ナビゲーションバーの部分の画像を掲載します。

ジェスチャーナビゲーション

「ホームに移動するには、画面の下部から上にスワイプします。アプリを切り替えるには、下から上にスワイプして長押ししてから離します。戻るには、左端または右端からスワイプします。」

 

2ボタンナビゲーション

「アプリを切り替えるには、ホームボタンを植えにスワイプします。すべてのアプリを表示するには、もう一度上にスワイプします。戻るには「戻る」ボタンをタップします。」

 

3ボタンナビゲーション

「戻る、ホームへの移動、アプリの切り替えを画面下部のボタンで行います。」

私は、いつも使っている「3ボタンナビゲーション」を使っています。
なお、3ボタンナビゲーションでは、△の「戻る」を、一番右に持ってくる設定がありません。

テザリング時のチャンネル

2.4GHzで調べてみました。
現状、14チャンネルとなっています。

カメラ画像

クリックすると、元の画像が表示されます。

マクロ撮影

通常撮影

広角撮影

ステレオ撮影

ステレオ撮影は、まだ未完成といった感じでしょうか。

充電にかかる時間は?

バッテリー0%から100%までにかかる時間は、付属の充電器を使って、だいたい3時間半くらいでした。バッテリーの容量が大きい分、急速充電でも時間がかかります。
でも、ほとんどの場合、ゼロから充電を始めるパターンは少ないと思うので、実際には、もっと短時間で終わると思います。

バッテリーのもちは?

バッテリーのもちは、UMIDIGI F1同様、とてもよいです。
UMIDIGI F1と同じように1日使ってみたのですが、減り方はほとんどUMIDIGI F1と同じでした。
画面が少し大きくなったので、バッテリーの持ちが少し悪くなるのかなと思っていましたが、体感できるほどの差は感じませんでした。

まとめ

カメラについては、画質はUMIDIGI F1よりもよくなっていると思うのですが、ステレオ撮影ではうまく撮影できないなど、まだ未完成の部分もあります。
また、テザリングでは、チャンネルが14チャンネルになっているなど、場合によっては使えないシーンが出てくることも予想されます。

というわけで、今日はこれで終わりです!


スポンサーリンク