Blackview A80 Pro レビュー


スポンサーリンク

Blackview A80 Proは、以前レビューをした、Blackview A60 Proの後継機種となっています。

 

今回、Blackview A80 Proに触る機会がありましたので、そのレビューとなります。


スポンサーリンク

付属品

まずは箱を開封していきます。
前機種と同じように、白い箱に入っています。


 

箱を開けると、本体が入っていました。

付属品は、充電器(日本のコンセントには合わない)、イヤホン、USBケーブル、そして説明書と液晶保護フィルムとなっています。透明なTPUケースも入っていました。

外観

正面から

スペックが印刷されたシートの下には、液晶保護フィルムが貼られています。

背面から

触った感じでは、高級感はあまりないですが、とてもきれいな色です。
指紋はつきやすいです。

カメラと指紋センサー

クアッドカメラを搭載しています。
また、指紋センサーがその隣にあります。

カメラのレンズは、それなりに出っ張っています。ケースをつけると出っ張りは隠されます。

左側面

左側面には、SIMカードトレイがあります。

nanoSIMカードを2枚、もしくはnanoSIMカード1枚とmicroSDカード1枚をセットすることができます。

右側面

ボリュームボタンと、電源ボタンがあります

本体上部

本体上部には、イヤホンジャックがあります。
個人的に、イヤホンジャックは下についていてほしかったです。

本体下部

マイク、USB Type-Cポート、スピーカーがあります。
スピーカーが2つあるように見えますが、左側の穴にはマイクがあり、右側の穴がスピーカーとなっています。
なお、音質はあまりよくありません。

スペック

 

Blackview A80 Pro

 OS Android 9.0
SoC

Mediatek
Helio P25
MT6757CD

CPU

8コア
4 x 2.6GHz A53
4 x 2.6GHz A53

 GPU Mali-T880 MP2
 画面 6.49インチ
1560 x 720ピクセル
IPS液晶
 RAM 4GB
 ROM 64GB
 バッテリー容量

4680mAh
5V/2Aでの充電

 Wi-Fi 802.11 b/g/n
(2.4GHz 、5GHz)
 対応バンド

2G: GSM 2/3/5/8
3G: WCDMA 1/2/4/5/8
CDMA EVDO  BC0 /BC1
4G: FDD-LTE B1 /2 /3 /4 /5 /7
8 /12 /13 /17 /18 /19 /20 /25 /26
28A /28B /66
TDD-LTE 38 /40 /41

 カメラ

 アウトカメラ
1300万画素
+ 200万画素
+ 30万画素
+ 30万画素

インカメラ
800万画素

 防水
 防塵
 サイズ

幅77 mm / 縦162.75 mm
厚さ 8.8 mm


スポンサーリンク

 重さ

180g

 本体色

ブルー
ブラック
レッド
グリーン

 USB USB Type-C
 その他

4眼カメラ
DSDS対応
Bluetooth v4.0
GPS/GLONASS/BeiDou
指紋認証、顔認証
加速度センサー、近接センサー
周辺光センサー

ベンチマーク

AnTuTu Benchmark (V8.2.2)

Geekbench 5.1.0

AndroBench

使用感

通常操作はサクサク

前機種よりもスペックが向上しているせいか、通常操作でもたつきを感じることは、あまりありません。細かくみていくと、例えばTwitterアプリのスクロールでカクカクしたり、重いwebサイトの表示でもたつくことがあったりしますが、ほとんどの操作で、あまり不満はありません。ただし、スペックが向上しているといっても、複雑な処理が必要なゲームアプリなどでは、スペック不足を感じると思います。

バッテリーもちがよく、充電速度もそこそこ

バッテリー容量が4680mAhということもあり、バッテリーはよくもちます。使用頻度にもよりますが、1日フルで使っても大丈夫なほどではないでしょうか。
また、前機種が5V/1Aでの充電であったのと比べると、5V/2Aでの充電速度は速くなっています。

前機種と同じく、電子コンパスがない!

スペックもアップしたので期待していたのですが、電子コンパスが搭載されていません。個人的に、アップアプリはよく使います。マップアプリを立ち上げたあと、どっちに向かって進めばよいのか、きちんと把握する上で、電子コンパスは必要だと思います。
なお、位置情報は正確です。

謎の速度表示

画面左上に、その時のネットワークの速度が表示されます。この表示を消す項目を見つけることができません。

速度の表示は、はっきり言うと邪魔なのですが、消す方法がわかりません。

DSDVに対応していない?

OCNモバイルONEのSIM(音声通話用)と、モナWi-FiのレンタルSIM(データ通信用)をセットし、さあ使おうとすると、どちらか片方しか4Gでの通信を有効にすることができません。
通話用SIMを4GにするとVoLTEが有効になりますが、データ通信用SIMは3Gでの通信となってしまいます。
現実的な使い方としては、音声通話を3G、データ通信を4Gで使うしかないのかなと思われます。

au系の格安SIMは使えない

LINEモバイルのau・VoLTE SIMカードで使えるかどうかを、確認してみました。
結果から言うと、使うことはできませんでした。VoLTEを有効にしたり、SIMカードを入れるスロットを変えたりしてみましたが、通信・通話ともに使えませんでした。

写真はきれいに撮れるけど……

前機種と比べると、写真はきれいに撮影することができます。
(クリックすると、元の画像が表示されます。)

背景をぼかすモードで撮影してみました。すると……

背景をぼかすのではなく、どうやら、画像の周辺をぼかすモードのようです。

謎の30万画素カメラ

30万画素のカメラが2つ搭載されていますが、いまいちその機能が分かりません。レンズの上を指で隠すと、「レンズを隠さないで!」的な表示が出るのですが、隠して撮影しても、画質には変化がないように見えます。

まとめ

普段使いにはRAM4GB、ROM64GBで十分でしょうし、バッテリーも4680mAhと大容量、写真もきれいに写ります。
ドコモのLTEプラチナバンドにも対応し、使えるエリアも広くなっています。
前機種よりもスペックアップしたBlackview A80 Pro、気になる点はいくつかありますが、実際に使用すると、予想以上に快適に使うことができます。


スポンサーリンク