期待のスマホUMIDIGI Power 3レビュー!テザリングも快適


スポンサーリンク

私は、スマホを選ぶときの選択肢として、バッテリーのもちを一番重視します。そんな中発表されたUMDIGI Power 3は、バッテリ容量が6150mAhと大容量で、Helio P60搭載、画面も大きくカメラも4眼とスペックもそこそこあり、購入前から購入の候補になっていました。バッテリーのもちがいいということは、充電を頻繁にしなくてもよいということで、自分の使い方では、一日中フルに使っても、バッテリー切れになることは、まずないでしょう。
その分スマホは重くなりますが、UMIDIGI Power 3の重さは228g、個人的には許容範囲に入ります。このサイズのスマホは、たいてい両手で操作をします。片手で持つことはあまりないと思うので、多少の重さは気になりません。今回は、UMIDIGI Power 3のレビューとなります。


スポンサーリンク

付属品など

いつものUMIDIGIスマホと同じです。リバースチャージ用のケーブルがついているのが、UMIDIGIの他のスマホと違うところです。充電器は、高速充電に対応しています。

外観

本体下部

左から順に、イヤホンジャック、マイク、USB Type-Cポート、スピーカーです。
ちなみに、スピーカーの音質はあまりよくありません。また、なぜかスピーカーから出る音が、小さくなってしまうことがあります。気がつけばいつの間にか直っているのですが、不具合を解消してほしいです。

左側面

SIMカードスロットがあります。このスロットには、nanoSIMカード2枚と、microSDカード1枚を、同時に装着することができます。DSDVに対応しています。

右側面

ボリュームボタンと電源ボタンがあります。

背面

手触りは、UMIDIGI F1と同じ感じで、しっとりした感触です。
指紋センサーは背面についています。認識精度はなかなかのものです。
右上には、4眼カメラがみえます。

カメラ部

UMIDIGI F2と同じく、4眼カメラが搭載されています。
写真を撮ってみましたが、画質の傾向としては、UMIDIGI F2と同じような感じだと思います。カメラの出っ張りはかなりありますので、ケースを使うのをおすすめします。

スペック

 

UMIDIGI Power3

 OS  Android 10
SoC

MediaTek Helio P60

 CPU

MediaTek Helio P60
8コア
4 x 2.0GHz A73
4 x 2.0GHz A53

 GPU Mali G72 MP3 800MHz
 画面

6.53インチ
2340 x 1080ピクセル
液晶
パンチホール

 RAM 4GB
 ROM 64GB
 バッテリー容量

 6150mAh
急速充電(9V、2A)

 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz 、5GHz)
 対応バンド

2G: GSM B2/3/5/8
CDMA1X BC0/BC1
3G: EVDO BC0/BC1
3G: WCDMA B1/2/4/5/6/8
3G: TD-SCDMA B34/39
4G: FDD-LTE B1/2/3/4/5/7
8/12/1317/18/19/20/25/26
28A/28B/66/71
4G: TDD-LTE B34/38/39/40/41

 カメラ

アウトカメラ
4800万画素(F1.79)
+ 1300万画素(広角)
+ 500万画素(深度測定用)
+ 500万画素(接写)

インカメラ
1600万画素
(F2.0)

 防水

 防塵
 サイズ

幅77.2 mm / 縦162.1mm
厚さ 10.3 mm

 重さ 228g
 USB USB Type-C
 その他

4眼カメラ(マクロレンズ搭載)
トリプルスロット
Bluetooth 5.0
Bluetooth HID
GPS、GLONASS、BDS、GALILEO対応
DSDV対応
逆充電(10W)
指紋認証、顔認証
加速度センサー、近接センサー
ジャイロスコープ、周辺光センサー
電子コンパス


スポンサーリンク

初期導入アプリ

ベンチマーク

AnTuTu Benchmark(V8.2.2)

Androbench

Geekbench V5.1.0

技適マーク

設定で、技適マークを確認することができます。

使用感

とてもよくもつバッテリー!

UMIDIGI Power 3のバッテリー容量は、6150mAhあります。その分重さが228gと重いです。でも、私がスマホを選ぶ選択肢として、一番重視しているのが、バッテリーのもちです。スマホのバッテリーを気にしながらだと、満足に使うことができません。バッテリーがいつなくなるのか、気が気ではありません。
その点UMIDIGI Power 3は、バッテリー容量がかなり多くありますので、バッテリーの残りを気にすることなく、スマホを使うことができます。この安心感は、スマホを使う上でとても大切だと思います。

スリープ時のバッテリ減り

バッテリー容量の割には、バッテリーの減りが早いような気がします。でも、ガンガン減っていくわけではありません。

バッテリー交換はできる?

バッテリーは内蔵されていて、ユーザーが交換することはできません。
なので、自分でバッテリー交換をすることができません。

ナビゲーションバー

「戻るボタン」は、一番左固定で、右に持ってくることはできません。
人によっては、不便に感じることもあるかもしれません。

動作速度には不満はない。

SoCにHelio P60が使われていることもあり、全体的に動作が遅くなってしまうことがありません。普段使いにはな何も問題はありません。
しかし、毎回書いていますが、重いゲームなどはプレイするのが難しそうです。ちなみに、Pokemon GOは快適にプレイすることができました。

でたらめな電子コンパス

UMIDIGI製のスマホでは、電子コンパスが壊れているんじゃないかと思う機種があります。UMIDIGI Power 3もその機種の一つです。
位置情報には問題がないんですね。問題なのは、電子コンパスです。今回購入したUMIDIGI Power 3は、電子コンパスが全くのでたらめなのです。
ソフトウェア更新で改善できるのか、それとも外れの機種をひいたのか、わかりません。

指紋認証は快適

UMIDIGI F2の指紋認証は、電源ボタンと一体になっています。UMIDIGI F2の大きな不満として、指紋認証されないことがあることがあげられます。
その点UMIDIGI Power 3は、指紋センサーが一般的な背面にあります。そのせいかどうかは分からないのですが、指紋認証はスムーズにできます。

内蔵スピーカーの音が小さくなるのは、バグ?

内蔵スピーカーから出る音が、いつの間にか小さくなっていることがあります。そして、いつの間にか元の大きさに戻っています。
私は、スマホではほとんどイヤホンを使っているので、あまり気にはならないのですが、それでも時々外部スピーカーを使うことがあるので、ソフトウェア更新で直るものなら、直してほしいですね。

写真をとってみた

クリックすると、もとの画像が表示されます。

通常撮影

AIによるfoodモード

(たこ焼き)
(ポテト)

背景をぼかすモード

いまいちな写りです。

テザリング時のチャンネル(2.4Ghz)

チャンネルは「1」となっています。

バッテリーの充電時間

バッテリーが0%から100%になるまでに、約2時間40分かかりました。
(付属の充電器とバッテリーを使用)
グラフの最後の傾き方が気になりますが……。

通話時の音量が小さい

電話で話をするときに、相手の音がとても小さく聞こえてしまい、なんて言っているのか分からなくなる時があります。

au系格安SIM(VoLTE SIM)が使えた

LINEモバイルをauで契約しているので、試しにUMIDIGI Power 3に入れ、APNの設定をして再起動をしました(再起動をしないと認識しない)。するとアンテナマークがつきました。通話やデータ通信も使えました。

まとめ

細かなところには不満がありますが、バッテリーもちを一番重視する私としては、買ってよかったと思えるスマホです。バッテリー容量がもっと大きいものもありますが、重さが重すぎます。その点UMIDIGI Power 3は、絶妙な重さです。
バッテリーもちだけではなく、その他の機能も、前機種UMIDIGI Powerよりスペックアップしています。
とにかくバッテリーもちがよくて、それなりにサクサク動き、カメラもそこそこの画像で撮れるスマホとして、UMIDIGI Power 3はおすすめです。
現在、私のメイン端末として、よく働いてくれています。


スポンサーリンク