UMIDIGI F2以上!? OPPO A5 2020 レビュー


スポンサーリンク

以前紹介した「OPPO A5 2020」ですが、現在メインスマホとして使っています。

UMIDIGI F2の発売が注目されているUMIDIGIですが、ライバル機ともいえるスマホがあります。それが「OPPO A5 2020」で...

OPPO A5 2020は、「2万円台という低価格でもサクサク使える」「バッテリー長もち」「4眼カメラが楽しい」と、とても魅力にあふれたスマホです。

今回は、そんなスマホ「OPPO A5 2020」のレビューとなります。


スポンサーリンク

付属品

こんな箱に入っています。

4眼カメラ、長持ちバッテリーなどは、このスマホの魅力です!

箱を開けると、純正のスマホケース(左の白い箱に入っている)とOPPO A5 2020本体が入っています。

付属品各種です。
スマホケース、USBケーブル、イヤホン、充電器(5V/2A)が付属品です。

外観

前面

前面から見ると、水滴型ノッチがさりげなくて、いい感じです。また、このノッチの上部には外部スピーカーがついています。

液晶は、6.5インチ(1600×720ドット)となっています。UMIDIGI F2などと比べると、解像度は低いですが、普段使いでは目立った違いは感じられません。むしろ、バッテリーもちを長くすることを考えると、この解像度でよいと思います。

USBポート側

下部には、イヤホンジャック、マイク、USB Type-Cポート、スピーカーがあります。
スピーカーはノッチ上部にもついていて、ステレオで音楽を聴くことが出来ます。音質はなかなかよいのですが、音量を一番最低にしても、音が少し大きい感じです。

電源ボタン側

右側には、電源ボタンがついています。

ボリュームボタン側

左側には、ボリュームボタン、そしてSIMカードスロットがあります。

OPPO A5 2020は、nanoSIMカード2枚とmicroSDカード1枚を同時に使える、トリプルスロットとなっています。

カメラ周辺

カメラは4眼となっています。
アウトカメラは、1200万画素(F1.8)+800万画素(広角/F2.25)+200万画素(ポートレート/F2.4)+200万画素(モノクロ/F2.4)、インカメラは、1600万画素となっています。

カメラの下には、指紋認証センサーがあります。

スペック

OPPO A5 2020

 OS ColorOS6.0
(Based on Android9.0)
SoC

Qualcomm
Snapdragon 665

CPU

8コア
4 x 2.0GHz A73
+4 x 1.8GHz A53

 GPU Adreno 610
 画面 6.5インチ
1600 x 720ピクセル
液晶
水滴型ノッチ
 RAM 4GB
 ROM 64GB
 バッテリー容量

5000mAh
充電(5V/2A)

 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz 、5GHz)
 対応バンド

2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA B1/2/4/5/6/8/19
4G: FDD-LTE B1 /2 /3 /4 /5
7 /8 /18 /19 /20 /26 /28
4G: TDD-LTE B38/39/40/41

 カメラ

アウトカメラ
1200万画素(F1.8)
+ 800万画素(広角/F2.25)
+ 200万画素(ポートレート/F2.4)
+ 200万画素(モノクロ/F2.4)

インカメラ
1600万画素

 防水
 防塵  IP5X
 サイズ

幅75.6 mm / 縦163.6mm
厚さ 9.1 mm

 重さ

195g

 本体色

ブルー
グリーン

 USB USB Type-C
 その他

UFS2.1対応
4眼カメラ
トリプルスロット
キャリアアグリゲーション対応
DSDV対応
Bluetooth 5.0
逆充電
GPS/A-GPS/GLONASS/Beidou/Galileo
指紋認証、顔認証
加速度センサー、近接センサー
ジャイロスコープ、周囲光センサー
電子コンパス
ステレオスピーカー


スポンサーリンク

ベンチマーク

AnTuTu Benchmark(V8.3.0)

Geekbench 5

AndroBench

ファーストインプレッション

手で持っすぐに感じたこと、それは

「重い」

です。
この機種は、バッテリー容量が5000mAhと、バッテリー長もち仕様となっています。容量が多いことを考えると、その重さ(約195g)は納得できます。

なお、ライバル機と私が勝手に考えているUMIDIGI F2(バッテリー容量5150mAh)は、重さが約228gです。ほとんど同じバッテリー容量ですが、OPPO A5 2020は、UMIDIGI F2より33g軽くなっています。

納得のサクサク感

SoCにSnapdragon 665が使用されています。高性能さが求められるゲームなどをしない限り、十分な性能があります。また、RAMは4GB、ROMは64GBと、低価格なスマホの割には、容量も十分あります。
実際に操作してみた感じでは、サクサクと動作し、画面のスクロールもなめらかで、もたつきを感じることはほとんどありませんでした。

カメラ画像

カメラは、予想以上にきれいに撮影することが出来ました。
スマホの価格(2万円台)を考えると、その価格以上の画質で撮影できていると思います。

気になったのは、ポートレートモード。被写体にかなり近づかないと、背景がボケてくれません(もっと近づいてくださいという表示が出る)。

何枚か写真を撮りました。
(画像をクリックすると、元の画像が表示されます。)

通常撮影

通常撮影

広角撮影

通常撮影

広角撮影

マクロ撮影

ポートレート

カメラ撮影での注意点

初めてカメラアプリを起動するとき、位置情報の権限をONにすることを要求されます。そのまま使うと、位置情報も記録されてしまいます。
位置情報を記録したくない場合は、カメラの設定から、位置情報の記録をOFFにする必要があります。

指紋認証は一瞬で

指紋認証でロックを解除すると、その正確さと速度に驚きます。何度か繰り返して見たのですが、誤認識はほとんどなく、一瞬でロックを解除することができます。

位置情報はとても優秀

マップアプリで確認しましたが、位置情報・電子コンパスともに正確で、マップやナビアプリをとても快適に使うことが出来ます。

やはり優秀なバッテリーのもち

バッテリー容量が5000mAhあるということで、バッテリーのもちにはとても期待していました。
実際に使ってみて、その期待を裏切ることなく、バッテリーはよくもちました。

一つ気になったのは、バッテリーの充電速度です。

バッテリーの残量がだいたい10%から、付属の充電器で充電を始めました。

例えば、UMIDIGI Power 3(バッテリー容量は6150mAh)は、バッテリーが10%から100%になるまでに、約2時間20分かかりました。
一方、OPPO A5 2020では、UMIDIGI Power 3よりもバッテリー容量が少ないにもかかわらず、約3時間20分と、UMIDIGI Power 3よりも充電に時間が必要となっています。

  • OPPO A5 2020
     10% → 100% 3時間20分
  • UMIDIGI Power 3
     10% → 100% 2時間40分

これは、充電器の出力が、OPPO A5 2020は5V/2Aだからでしょう。UMIDIGI Power 3の充電器は、5V/2Aの他に、9V/2A・12V/1.5Aの出力もサポートしています。

OPPO A5 2020は、バッテリーの容量が大きいので、もっと速く充電できると、満足度はもっと上がると思います。

ナビゲーションバー

ナビゲーションバーを、Android通常のもの以外に変更することができます。

内蔵スピーカーは、なかなかの音質

OPPO A5 2020には、スマホの上部と下部両方に、外部スピーカーがあります。これが、スマホとしては、なかなかよい音質だと感じます。
また、スピーカーが2つあるので、ステレオで音楽を聴くことができます。

トリプルスロットでDSDV+microSDカード

OPPO A5 2020は、2枚のSIMカードと同時に、1枚のmicroSDカードを使える、トリプルスロットとなっています。

  • 通話用のSIMカードと、データ通信用のSIMカードを分けて使える。
  • さらにmicroSDカードにデータを保存することも同時にできる

現在主流のデュアルスロットのスマホだと、2枚のSIMカードを同時に使おうとすると、microSDカードを内蔵することが出来ません。

まとめ

一言で言うと、

「これだけの性能のものが、2万円台で買えるの!?」

です。
UMIDIGI F2と比較した場合、スペック的には下の部分もありますが、スマホ動作の安定性・完成度を考えると、OPPO A5 2020はすばらしいものがあります。

特に、カメラ画質に関して言えば、OPPO A5 2020のほうが、はるかにきれいな写真を撮ることができます。カメラの画質は、スマホ選びでとても重要な点です。

バッテリーのもちに関しても、ふだん使いでは、特に問題なく十分にもってくれます。

総合して考えると、「UMIDIGIのスマホと、どっちにしようかな」と迷ったときは、OPPO A5 2020を選んだほうが、幸せになれるかなと思います。


スポンサーリンク

コメント

  1. スマホ好き より:

    スペックのバッテリー容量の所、50000mAhではなく、5000mAhではないでしょうか。「UMIDIGIF2のライバル機か!…」の記事でも50000mAhと書かれています。もしご存知でしたらすみません。