少しでも早く充電!Mate 10 Proの超急速充電について調べてみた


スポンサーリンク

スマホにもよりますが、通常の充電だけではなく、大抵のスマホは急速充電に対応しています。

急速充電にもいろんな種類がありますが、一番多いのはQualcomm(クアルコム)が開発した「Quick Charge 3.0」でしょう。

充電器

Quick Charge 3.0では、充電時の電圧を高くして、急速に充電されるような仕組みとなっています。

Mate 10 Proも急速充電に対応していますが、Quick Charge 3.0とは違った仕組みで急速充電を行っています。

今回は、Mate 10 Proが対応している「超急速充電」について調べてみました。


スポンサーリンク

超高速充電とは

Mate 10 Proが対応している急速充電

Mate 10 Proが対応している急速充電は、超急速充電と呼ばれています。
充電中は、このように超急速充電中であることが表示されます。

超急速充電の表示

超高速充電はSuperChargeとも呼ばれています。
Quick Charge 3.0のように電圧を高くするのではなく、電流を多く流すことにより、急速充電を行っています

超急速充電では、専用の充電器とケーブルが必要です。純正品を使うのが一番ですが、Amazonなどでも互換品が販売されています。

どれだけ充電が早いのか

標準充電(5V/2A)と比べて、超急速充電でどれだけ早く充電ができるのか、実際に確認をしてみました。

バッテリーが3%から100%になるまでの時間を計りました。

充電速度の違い

※超急速充電の最後、グラフがいきなり上がっていますが、原因は不明です。

超急速充電のほうがやや早く充電がおわりました。

ここで特に注目したいのは、充電全体の速さではなく、50%になるまでの速さです。

超急速充電は、バッテリー3%から50%になるのに、約30分で達しています。
これが通常充電だと、約50分もかかってしまいます。

超急速充電の優れた機能

「朝の時間がないなかでの充電」「すぐ使いたいけどバッテリーの残りが少ない」

こんなとき、超急速充電は

「とにかく早く充電したい!」

という願いに応えてくれます。

同じ30分でも、通常の充電と比べてとても速いです。ここが「超急速充電」の優れた機能です。

まとめ

バッテリー爆発事故が発生するなど、バッテリーには高い安全性が求められます。

スーパーチャージは15層のセイフティ保護ネットを採用しており、重要箇所をリアルタイムで監視し、充電の速度や方法をスマートに管理し、充電の安全性を保証しています。電池の寿命に影響が生じることはありません。

http://bbs.kakaku.com/bbs/J0000024834/SortID=21319103/

バッテリーの安全性に、多くの技術が使われています。

多くの安全性試験をパスしたMate 10 Proを、大切に使っていきたいですね。


スポンサーリンク