OUKITEL C18 Proレビュー【クアッドカメラが特徴】


スポンサーリンク

以前、OUKITEL C17 Proについて、レビューをしました。
1万円台のスマホでも、ライトユーザーなら、人によっては、メインスマホとしても十分使えるものも多いかと思います。

そんなOUKITEL C17 Proに、後継機種OUKITEL C18 Proが出ました!
特徴としては、何よりカメラがあげられます。
前機種よりも大幅進歩した4眼カメラのできは、いったいどうなのでしょうか?

と言うわけで今回は、OUKITEL C17 Proの後継機種、OUKITEL C18 Proのレビューとなります。


スポンサーリンク

付属品

いつもの、鮮やかなオレンジの箱に入っています。

  

簡単なスペック表です。
ここにはAndroid 9と書かれていますが、アップデートで、Android 10 が予定されています。

 

箱を開けると、冊子類と本体が見えます。

  

本体の他には、USB Type-Cケーブル、充電器、SIMピンが入っています。

本体

前面から

まずは前面から見ていきましょう。
ベゼルはそんなに細くありませんが、画面はとてもきれいです。
左上にパンチホールが見えます。

裏面から

ケースと並べてみたところです。
ケースはとても薄くて、本体の保護というよりは、傷防止といった感じでしょうか。

背面には、4眼カメラと、その下に四角い指紋認証センサーがあります。
標準カメラの他に、広角カメラ、マクロカメラ、被写界深度用カメラがあります。
前機種のOUKITEL C17 Proとは、全然違っています。
カメラの出っ張りは、ごくわずかです。

底面から

左から、外部スピーカー、USB Type-Cポート、マイク、イヤホンジャックがあります。
外部スピーカーの音質は、OUKITEL C17 Proよりはよいと思うのですが、ここは好みの問題もありますからね。

なお、スマホ上部には何もありません。

右側面から

 右側面には、ボリュームボタンと電源ボタンがあります。

左側面から

 左側面には、SIMカードとmicroSDカードスロットがあります。

 

他のスマホとちょっと違うのは、底が抜けないトレイなのです。
落ちたりすることが少ないので、とても使いやすいと思います。

 

トリプルスロットではなく、スロットを全部使うとすれば、

  • nanoSIMカード × 2枚
  • nanoSIMカード 1枚 + microSDカード 1枚

どちらかの組み合わせとなります。

スペック

OUKITEL C18 Pro
 OSAndroid 9
(Android 10にアップデート予定)
SoCMediaTek
Helio P25
MT6757CD
 GPU Mali-T880 MP2
 画面6.55インチ
1600×720ピクセル
パンチホール
 RAM4GB
 ROM64GB
 バッテリー容量4000 mAh
充電 5V / 2A
 Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n
(2.4GHz 、5GHz)
 対応バンド2G: GSM: B2 /3 /5 /8
3G: WCDMA: B1 /8
4G: FDD: B1 /3 /7 /8/19/20
 カメラアウトカメラ
1600万画素(メイン)
+ 800万画素(広角)
+ 800万画素(マクロ)
+ 200万画素(被写界深度用)
インカメラ
1600万画素
 防水
 防塵
 サイズ幅 75.3mm / 高さ 163.3mm
厚さ 8.3mm
 重さ190g
 本体色ブラック
パープル
USBUSB Type-C
 その他DSDS対応
Bluetooth 5.0
近接センサー、環境光センサー
ジャイロセンサー
加速度センサー、電子コンパス

ベンチマーク

AnTuTuベンチマーク V8.3.6

 

GeeckBench 5.1.1

 AndroBench

使用感

写真

写真は、OUKITEL C17 Proのほうが、きれいに写ります。
OUKITEL C18 Proは、拡大すると、ノイズがたくさん入っています。

写真は、クリックすると、元の画像が表示されます。

通常撮影

 

広角撮影

 

広角撮影

 

通常撮影

 

マクロ撮影

 

通常撮影


ポートレート

ポートレートは、どこがボケて写るのか、よく分からない写り方でした。
設定をあれこれと変えてはみたものの、うまくいきませんでした。

カメラは、上の方でも書いたのですが、少し拡大をすると、ノイズがたくさん見えるのですね。

スマホの画面で、みんなで見合う分にはよいと思うのですが、写真にしたり、大きく引き延ばしたりすると、あまりきれいなものにはならないと思います。

動作速度は、通常使用では問題ないレベル

重いゲームは別ですが、それ以外、軽い作業をするには、特に問題があることはありません。

Twitterのスクロールがカクついたり、少し動作に引っかかりがあるときもありますが、ライトユーザーであれば、気にならないレベルです。

画面はきれいなんだけど、暗い

画面はとてもきれいに表示されます。
でも、明るい場所、たとえば晴れている屋外で画面を見た場合、暗くて何が写っているのか、分からないような感じになります。
もう少し明るければ、きちんと見ることができるのですが。

ナビはまあまあ使える

OUKITEL C17 Proでは、電子コンパスが全然使えず、ナビには不向きでしたが、このOUKITEL C18 Proでは、電子コンパスが改善されたのか、きちんとナビに使えるほどになりました。

ただ、たまに全然違う位置にいることになっていたり、地図がぐるぐる回るときもあったりして、いまいち安定感に欠けるところはあります。

バッテリーは長持ちする

バッテリー容量は4000mAhですから、なかなか長持ちします。とはいえ、さらにバッテリー容量が大きかったRedmi Note 9Sと比べると、物足りないものもあります。

au系MVNOで使うことができた

対応バンドでも分かると思うのですが、au系のMVNOで、対応しているのはBAND1のみになります。このBAND1ならば、データ通信も通話もできました。

DSDVではない

SIMカードスロットに、SoftBank系のMVNOのSIM(音声通話あり)と、モナWi-FiのレンタルSIMを入れると、どちらか片方だけしか、LTEでの接続ができません。

データ通信をLTEにすると、音声通話は3Gでの通話となります。

まとめ

カメラの性能がアップし、全体的な動作速度や、外観もグレードアップし、使いやすくなったOUKITEL C18 Proです。

今後は、Android 10 へのアップデートが予定されているということで、持っているだけでうれしい端末です。

本格的に使うのは、Android 10になってからにして、それまでは、サブ機として、あれこれ試してみるのもいいでしょう。


スポンサーリンク

コメント

  1. 真田昌弘 より:

    はじめまして

    音声はどんなかんじでしょうか?

    • ぱそふぉん より:

      コメントありがとうございます。
      通話の音声は、ごく普通で、可もなく不可もなくという感じです。