POCO X3 GTをより高速な、パフォーマンスモードにする

POCO X3 GTは、設定で、パワーモード、バランスモード、パフォーマンスモードの3つを設定することができます。処理速度は、パワーモードよりもパフォーマンスモードの方が速いです。

初期設定では、「バランス」になっています。

この設定は、設定-バッテリーとパフォーマンスで行うことができます。

実際に、パワーモード、パフォーマンスモードと聞いても、どれだけ処理速度に違いがあるのかは分かりません。

今回は、パフォーマンスのモードを「パワー」「バランス」「パフォーマンス」それぞれで、ベンチーマークを走らせ、どれだけ処理速度に違いがあるのかを、調べてみました。

スポンサーリンク

パフォーマンスモードの設定方法

初期設定では、「バランス」に設定されています。パフォーマンスモードにするには、右端の「パフォーマンス」をタップします。

「パフォーマンス」をタップすると、「デバイスのパフォーマンスが向上します。」と表示されます。「オンにしてもよろしいですか?」と表示されますので、「OK」をタップします。
これで、パフォーマンスモードになりました。

それぞれのモードでのベンチマーク

今回使用したベンチマークは、「Geekbench 5.4.4」「AnTuTuベンチマーク V9.2.6」です。

「Geekbench 5.4.4」

AnTuTuベンチマーク(V9.2.6)

最後に、ウルトラバッテリーセーバーの状態で、ベンチマークをやってみました。「バランス」モードです。

結果

上の画像の数値を見ても分かるとおり、パワーモードとパフォーマンスモードとでは、処理速度にかなりの違いがあります。

バッテリーの消費が大きくなるとはいっても、AnTuTuベンチマークで約90000ほどの差が出ています。

ゲームをすれば、処理速度の差は分かるのだとは思いますが、普段使いでは、あまり差は分かりません。でも、なんとなく、常時パフォーマンスモードで使いたくなる気がします。

少しでも処理速度が速いほうがよければ、パフォーマンスモードにしておきましょう!

Xiaomi Poco X3 GT 8GB RAM 128GB 5G 青 新品 SIMフリースマホ本体 1年保証

コメント

タイトルとURLをコピーしました