POCO F3で、楽天モバイルを使う

POCO F3は、Xiaomiから発売されている、結構コストパフォーマンスに優れているスマホです。

コストパフォーマンスに優れていますが、日本のケータイの電波に最適化されていません。
そのため、圏外になったり、また、電波自体がつながらないことも、頭に入れておかなければいけません。

今回は、楽天モバイルでPOCO F3を使う検証をしてみました。

スポンサーリンク

検証してみた

SIMカードをセットする

まず、楽天モバイルのSIMカードを、SIMスロットに挿入します。

 

挿入しても、電波につながりません。

隠し番号を入力する

電話アプリを立ち上げ、次の番号を入力します。

#*#*86583*#*#

電話をかけるわけではないので、入力したからといって、どこかにつながるわけではありません。

電波がつながる?

画面に VoLTE carrier check was disabled. と表示されます。

すると、使える場合、電波がつながります。

電波がつながらない場合

つながらない場合は、再起動してみましょう。

それでもつながらない場合、次のような原因が考えられます。

楽天モバイルのエリアではない

使おうとしている場所が、楽天モバイルのエリアではないことが考えられます。
次のサイト(楽天モバイルのサイト)で、エリアをチェックします。
使おうとしている場所が、「パートナー回線」ではなく、「楽天回線 4G LTEエリア」に入っているかどうかを確認します。

通信・エリア | 楽天モバイル
楽天モバイルの通信エリア(サービスエリア)を、地図や検索でご確認いただけます

APNの設定を確認してみる

設定を確認してみます。

「設定」→「SIMカードとモバイルネットワーク」→「Rakuten」→「アクセスポイント名」とタップしていきます。

rakuten.jp にチェックが入っていない場合、rakuten.jpをタップして、チェックを入れます。

通信も通話も可能

データ通信、またRakuten Linkでの通話も可能でした。
ただ、Rakuten Linkでの通話は、Wi-Fiに接続していると、相手には非通知となってしまいます。

まとめ

楽天モバイルは、都市部でも、まだまだ電波が弱いことが多いです。
エリア内であっても、圏外になることもあります。

また、POCO F3では、楽天モバイルのBand 3(4Gの場合)の電波しか使えないので、使えない可能性もその分高くなります。

私の場合は、身近に、中華スマホで楽天モバイルを使っている人がいたので、POCO F3でも使えることを予想して、楽天モバイルを契約してみました。
結果として、電波がつながり、また、自分の活動範囲では、圏外にならないことが確認できたのでよかったのですが、楽天モバイルを契約する場合、圏外になるなど、使えないことも想定していなければいけません。

楽天モバイルのエリアをチェックしてみる
  ↓
 楽天モバイル

コメント

  1. ノーカー より:

    poco f3デュアルSIM SIMフリーを購入したんですが、SIM1ソフトバンクSIMとSIM2楽天モバイルSIMで、2日くらいするとVOLTEが消えて楽天モバイルは通話しかできなくなるのは、なぜでしょうか?

    • ぱそふぉん より:

      ノーカー様
      コメントありがとうございます。
      私のPOCO F3では、同じ現象が起きないので、ちょっと原因は分かりません。
      お力になれず、すみません。

タイトルとURLをコピーしました