低価格でもすごい「Blackview Tab 18」レビュー | ぱそふぉん

低価格でもすごい「Blackview Tab 18」レビュー

■この記事には、アフィリエイト広告などの広告が含まれています。

30000円台という価格にもかかわらず、かなりすごいタブレットが発売されました。それは、「Blackview Tab 18」というタブレットです。

以前、「Lenovo Tab P12」というタブレットをレビューしましたが、価格的にはこのLenovo Tab P12よりも安いにもかかわらず、性能や使い勝手などがかなりよい「Blackview Tab 18」です。

Hrlio G99搭載で動作はサクサク、RAMは内蔵12GB+拡張12GB、ROMは256GB、指紋認証センサー搭載、12インチの2.4Kディスプレイと、基本的なスペックは上々。
まだ、Widevine L1に対応(Netflixも)、Harman Kardon監修のクアッドスピーカー搭載で音もよく、特に動画鑑賞用のタブレットとしては、申し分ない性能です。

今回は、このBlackview Tab 18のレビューをしていきます。

スポンサーリンク

開封

付属品など

このような箱に入っています。

 

音のよさをアピールしています。実はこのタブレット、カメラの写りも、なかなかいいんです。

 

付属品です。

 

急速充電に対応していて、充電速度はかなり速いです。

 

専用充電器とケーブルを使った時の、充電中の電流と電圧です。

iPad(第9世代)との大きさ比較

画面のサイズがiPadよりも大きいので、筐体もそれなりに大きくなっています。

 

画面に表示される情報量も、Blackview Tab 18の方が多くなっています。
iPadは、TrueToneが有効になっているので、画面の色が比較して暖色系になっています。

本体

左側面から(インカメラを上にして)

スピーカーがあります。反対側にも2つスピーカーがあるので、クアッドスピーカーとなります。
音質は良好で、とくに動画視聴時には活躍してくれます。
なお、本体を縦にしても、ステレオの左右の音がでるスピーカーは変わりません。つまり、本体を回転させても、インカメラを上にしたときの左側のスピーカーからは常に左からの音が、右側のスピーカーからは常に右からの音が出ます。Lenovo Tab P12とはこの点が違います。

下面から

下面には、特に何もありません。

右側面から

スピーカーとUSB Type-Cポート、マイクの穴があります。

上面から

SIMカード/microSIMカードスロット、ボリュームボタン、電源ボタン(指紋認証センサーを兼ねる)があります。

指紋認証センサーの精度は良好で、誤認識もほとんどありません。

正面から

12インチと、かなりの大画面です。色もきれいに表示されます。

背面から

技適マークなどが印刷されたシールが貼ってあります。

 

カメラのレンズは1つです。写りはなかなかいい方です。

スペック

 Blackview Tab 18
 OSAndroid 13
SoCMediaTek Helio G99
 GPUMali-G57 MC2
 画面12インチ
2000x1200ピクセル
リフレッシュレート 60Hz
 RAM12GB + 拡張12GB
 ROM256GB
 バッテリー容量8800mAh
33W急速充電
 Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz 、5GHz)
 対応バンド4G B1/B3/B7/B8/B19/B20//B40
 カメラメインカメラ 1600万画素(f/1.7)
インカメラ 800万画素(f/2.2)
 防水・防塵×
 耐衝撃×
 サイズ幅 278mm / 高さ:173mm / 厚さ 7.9mm
 重さ632g
 本体色グレー
USBUSB Type-C (USB2.0)
 その他GPS
Bluetooth 5.1
指紋センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、照度センサー
近接センサー

プリインストールアプリ

初期のホーム画面

ベンチマーク

AnTuTuベンチマーク(V10.1.5)

Antutu Storage Test (v10.1.5)

Geekbench 6.2.2

使用感

動画視聴に最適なタブレット!

Widevine L1に対応、Harman Kardon監修のクアッドスピーカー搭載、そして大画面。動画を見るのに最適なタブレットです。とても3万円台のタブレットとは思えないほどの完成度です。

アマゾンプライムビデオなどで、高画質で映画を見たときなどは、思わずその臨場感に息をのんだほどです。やはり音質は大事なんだと実感。

基本的なスペックは、Helio G99ということで、サクサクと動きます。動画を見る上で、何も問題はありません。

バッテリーのもちはまあまあ

大きめの本体なので、外に持ち出すことはあまりないと思われますが、動画を見るときなども、バッテリーのもちがよいに超したことはありません。

本機のバッテリー容量は8800mAhで、33Wでの急速充電にも対応しています。
液晶の輝度を50%にした状態で、PCMARK for AndroidのWork 3.0 battery lifeを使い、バッテリーのもちを調べました。
結果は10時間29分で、バッテリーのもちはまあまあではないでしょうか。

バッテリーの充電速度

Blackview Tab 18は、33Wでの急速充電に対応していて、充電速度は速くなっています。
バッテリーが30%から100%になるまでの時間は、約1時間20分でした。

PCモードが便利

タブレットをPCのように使える「PCモード」を使うことができます。

キーボードを接続すると、自動的にPCモードに入るなど、使い勝手もよく考えられています。
下の画像は、実際のPCモードの画面です。

PCのように、アプリをウィンドウ表示させることができます。
ただ、同じアプリを2つ起動するなどはできません。

パフォーマンスモードの効果は不明

Blackview Tab 18では、「パフォーマンスモード」のON・OFFができます。下の画像だと、一番上の項目がそれです。
「CPUとGPUの周波数を上げます。」とあるので、実際にONにしてベンチマークをとってみましたが、ONであろうとOFFであろうと、ベンチマークの数値はほとんど変わりがありませんでした。

これが、ONにするとベンチマークの数値がぐんと伸びたり、動作速度がさらにサクサクになるのであれば、使い勝手もさらによくなるのですけどね。

バッテリーを保護する機能はとてもいい!

ノートパソコンなどにはよくある機能ですが、バッテリーの充電を、を任意の容量で止められる機能があります。バッテリーの「充電保護機能」で設定することができます。

「カスタム充電モード」をONにすると、設定することができます。
バッテリーは、満充電の状態が続くと、劣化が進むと言われています。

ノートPCのバッテリー 寿命が大幅に延びる使い方 - 日本経済新聞
ノートパソコンやスマホはバッテリーを搭載しており、日ごろから何気なく使っていることが多い。だが、バッテリーには寿命があり、充電や放電を繰り返すうちに劣化して使えなくなる。しかも、使い方を間違えると、寿命を縮めてしまう。バッテリーの寿命は、容量が半分程度まで減ったときだと定義されていることが多く、そう...

使用できる時間は短くなりますが、充電を80%程度の状態で止めると、バッテリーの寿命は延びます。この「充電保護機能」は、とても便利な機能だと思います。

ナビは快適に使えるか?

Blackview Tab 18には、電子コンパスが内蔵されていないので、ナビとして使うのはあまり快適でない感じですが、位置情報は正確でした。

楽天モバイルでの通信には対応している

楽天モバイルのSIMカードを挿入すると、自動的に楽天モバイルのAPNが出てきました。
それを選択すると、楽天モバイルのSIMカードで通信をすることができました。
通話に関しては、今回は検証していないので、不明となっています。

RAMの拡張は必要?

Blackview Tab 18のRAMは、内蔵12GBにプラスして、拡張12GB、合計24GBまで拡張できるのですが、すでに内蔵12GBで十分な容量があるので、拡張できなくてもよいような気がするのですが、機能としてはあるのですね。

カメラで写真を撮ってみた

中華タブレットとしては、写真写りはなかなかよい方だと思います。

※画像をクリックすると、元の画像が表示されます。

まとめ

Blackview Tab 18は、特に動画視聴用のタブレットとしては、その性能を十分に発揮してくれるでしょう。
そのほかにも、大画面を生かして、電子書籍用のタブレットとしても活躍してくれること思います。

別売りですが、専用のスタイラスペンやキーボードも発売されていて、いろいろな用途に使えるタブレットに仕上がっています。

【2枚入り】Singhai For Teclast T60 /Blackview Tab 18 ガラスフィルム 12インチ Teclast T60 対応 タブレット保護フィルム 強化ガラス 高透過率 硬度9H 飛散防止 貼付簡単
Singhai

コメント

タイトルとURLをコピーしました