【普通に使えて】UMIDIGI A9 Pro レビュー【コスパよし】

UMIDIGI A9 Proは、ライトユーザーが不満なく、普通に使えるスマホです。
UMIDIGI F1という機種がありますが、F1のバッテリー容量を少し減らし、機能を増やしたスマホといったところでしょうか。

2週間ばかりメインとして使う機会がありましたが、特にこれといった不具合もなく、もっさり感も感じることもなく使うことができました。

ということで、今回はUMIDIGI A9 Proのレビューとなります。

スポンサーリンク

本体

画面

液晶のサイズは6.3インチ、解像度は2340×1080ピクセル(FHD+)で、なかなかきれいに表示されます。

 

下から

イヤホンジャック、マイク、USB Type-Cポート、スピーカーがあります。
個人的に、イヤホンジャックは下にあった方が使いやすいので好印象。
スピーカーの音質は、あまりよいほうではありません。

 

右から

電源ボタンとボリュームボタンがあります。

 

上から

スマホの上部には、なにもありません。
スマホが少し右に傾いているのは、カメラの出っ張りが大きくて傾いています。

 

左から

SIMカードスロットとショートカットキーがあります。
UMIDIGI A11と同じように、ショートカットキーにいろんな機能を割り当てることができます。

 

SIMカードスロットは、nanoSIMカード2枚とmicroSDカード1枚を同時に使える、トリプルスロットとなっています。
本機の場合、ROMが128GBあり、また、あまり動画撮影用やゲーム向けな機種ではないので、microSDカードは使わなくてもよいような気がします。

カメラ周辺

メインカメラは4800万画素、広角カメラは1600万画素、マクロカメラは500万画素、そして深度測定用のカメラは500万画素となっています。
また赤外線センサーで、体温や物の温度を測ることができます。
指紋認証センサーは、背面についています。

カメラの出っ張りは、かなりあります。
ケースをつけないと、傷がついたり、カメラの縁が欠けてしまうような気がします。

スペック

 UMIDIGI A9 Pro
 OSAndroid 10
SoCMediaTek Helio P60
 GPUMali-G72 MP3
 画面6.3インチ、
2340×1080ピクセル(FHD+)
水滴型ノッチ
 RAM4GB / 6GB
 ROM64GB / 128GB
 バッテリー容量4150 mAh
充電 10W
ワイヤレス充電には対応していません。
 Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz 、5GHz)
 対応バンドFDD-LTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28A / 28B / 66
TD-LTE:34 / 38 / 39 / 40 / 41
 カメラアウトカメラ
4800万画素
+ 800万画素(広角)
+ 500万画素(マクロ)
+ 500万画素(深度測定用)

インカメラ
2400万画素
 防水・防塵×
 サイズ幅 74.9mm / 高さ 158.7mm / 厚さ 8.6mm
 重さ213g
 本体色グリーン、ブラック
USBType-C(USB 2.0)
 その他Bluetooth 4.2
近接センサー、環境光センサー、ジャイロセンサー
加速度センサー、赤外線センサー、電子コンパス

ベンチマーク

Antutu Benchmark V9.1.1

Geekbench 5.4.1

PCMARK for Android

技適マーク

写真を撮ってみた

画像をクリックすると、元の画像が表示されます。

標準カメラ

AIの夜景モード

標準カメラ

広角カメラ

広角カメラ

標準カメラ

マクロ

使用感

特に問題ない処理能力、ただ……。

重い作業を行わない限り、処理能力には特に問題を感じることはありません。

ただ!

バッテリーのもちは、あまりよくありません。
100%まで充電して使っていても、「えっ!」というくらいに、バッテリーが速くなくなっていきます。

試しにベンチマークをしてみました。


UMIDIGI A11のバッテリーもちはよかったのですが、本機はそうではありません。バッテリーがすぐになくなってしまうのは、とても残念なことです。

実際、ほぼ連続して使った時のバッテリーの減り方ですが、このようになっています。

6時間弱でバッテリーが半分消費されました。
UMIDIGI A11の場合、バッテリー半分なくなるのに、8時間半くらいの時間がかかりました。

バッテリー消費が速いので、かわりに充電速度が速ければと思ったのですが、5V2Aと充電速度は標準的です。
バッテリーが35%から100%になるのに、1時間40分ほどかかっています。

重さはそれなりにある

実測値で209gと、200gを超えています。これにケースをつけるとさらに重くなります。
180g台のスマホと比べると、明らかに重さを感じます。

ただ、重さはある意味慣れもありますので、こんな物だと思って使っていれば、案外気にならなくなると思います。

ショートカットキーがかなり便利!

UMIDIGI A11にもついていましたが、ショートカットキーがかなり便利です。

ショートカットキーには、いろいろな機能を割り当てることができます。
ボタンを1度押したとき、2度押したとき、そして長押ししたときと、3通りの設定をすることができます。

ただ1点気になることといえば、間違って押してしまうことがあるということです。
何気なく手が触れてしまい、意図せず機能が実行されてしまいます。
このキーは、右側の電源キーの下あたりにあるとよいのではないかと思います。

電子コンパスがとても不安定

ナビを使う上で、位置情報や電子コンパスの正確性は重要です。本機の場合、電子コンパスがとても不安定です。
ナビを使っていて、ある一定時間は正確だったり、スマホを少し動かしただけで地図が逆向きになったりします。

格安なスマホでも、電子コンパスが安定している機種もあります。この点は頑張ってほしかったところです。

位置情報に関しても、大体あってるのですが、数メートルずれてることがかなりあります。

指紋認証がいまいち

指の当て方にもよるのですが、指紋認証がうまくいかないときが、結構な割合であります。
センサーをよく狙って、ゆっくりと指を当てれば、ほぼ問題なくロックが解除されます。
ただ、少し速いスピードで指を当てると、認証されないことが増えてきます。
いつもいつも、慎重に指を当てるわけではないので、この点でストレスを感じることがあります。

温度計は便利だけど、誤差が大きい?

体温などを測ることができる赤外線センサーがついています。
UMIDIGI A11では、温度計とは全く同じではありませんが、かなり正確な体温を測ることができました。
UMIDIGI A9 Proでも、体温を測ってみました。

体温計の温度が36.8℃のところ、UMIDIGI A9 Proでは、36.2℃と出ました。何度やっても36.2℃でした。

UMIDIGI A11と比べると、少し誤差が大きいかなといった感じです。

スクリーンショットの音を消すことができる

UMIDIGI A11と同じく、標準の状態では、カメラのシャッター音は設定で消すことができますが、スクリーンショットの音は、設定で消すことが出来ません。

ですが、次の記事と同じ方法で、スクリーンショットの音を消すことができます。

まとめ

Amazon価格では、RAM6GB、ROM128GBのモデルは、この記事を書いている日現在では、2万円弱で購入することができるようです。私が持っているモデルは、Android 10までにしか対応していませんが、最新の物では、Android 11にまで対応しているようです。また、AliExpressなどでは、さらに安い価格で購入することも出来ます。

コスパに優れた機種ですが、後継機種にあたるのかな? UMIDIGI A11 Pro Maxが、かなり安い価格で購入することができます。

今後価格が安くなっていくかどうかは分かりませんが、個人的には、バッテリーのもちの悪さからして、UMIDIGI A11 Pro Maxを購入した方が、幸せになれるのではと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました