Blackview A100 レビュー【中華スマホの本命?!】

先日、Blackview A70のレビューをしました。バッテリーが長持ちするので、私は、動画を見たり、読書やニュースサイトを読んだりして使っています。

日々活躍しているBlackview A70ですが、この上位機種として、Blackview A100というスマホがあります。
Blackview A100は、RAM 6GB、ROM128GB、そしてSoCには、MediaTek Helio P70が使われています。

ミドルスペックなスマホの中では下の方ではありますが、ひどくもっさりしているわけでもなく、ごく普通に使え、メインスマホとして使える素質もある、結構気になっていたスマホです。

というわけで、今回はBlackview A100のレビューとなります。

スポンサーリンク

開封

本体や付属品は、いつもの白い箱に入っています。

 

主なスペックです。左上には技適マークのシールがあります。
RAMとROMの容量は、普通に使う分には十分でしょう。
バッテリーは、5000mAhはほしかったです。

 

本体です。(もともと画面に貼られていたシールは、はがしています。)

  

付属品です。充電器とUSB Type-Cケーブルです。

 

充電器の仕様です。バッテリーの容量(4680mAh)からして、もう少し出力が大ききくてもよかったのではないでしょうか。

本体

正面から

パンチホールが見えます。
画面の解像度は2400×1080となっており、きれいに表示されます。

下から

スピーカー、USB Type-Cポート、マイクがあります。
残念ながら、イヤホンジャックはありません。
スピーカーの音質は、いたって普通だと思います。

右から

ボリュームボタンと電源ボタン(指紋認証センサーをかねる)があります。

上から

マイクの穴かな?
一つ穴が開いています。

左から

SIMカード(nanoSIM)とmicroSDカードのトレイがあります。

DSDVに対応していますが、microSDカードを使うと、SIMカードを2枚使うことが出来ません。

  

背面から 

「ONLY THE BRAVE」という文字が刻まれています。

残念なのは、付属のケースの文字と、本体のケースの文字の大きさが違うことです。
ケースを取り付けると、本体の文字の一部が見えなくなってしまいます。

カメラ周辺

メインカメラは1200万画素、広角カメラは800万画素です。深度測定用のカメラの画素数は、調べたのですが、分かりませんでした。

スペック

 Blavkview A100
 OSAndroid 11
SoCMediaTek Helio P70
 GPUMali-G72 MP3
 画面6.67インチ
2400×1080 ピクセル
パンチホール
 RAM6GB
 ROM128GB
 バッテリー容量 4680mAh
ワイヤレス充電には対応していません。
 Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz、5GHz)
 対応バンド4G : LTE:1 / 3 / 7 / 8 / 20 / 40
 カメラアウトカメラ 1200万画素
+ 広角 800万画素
+ 深度測定用

インカメラ 800万画素
 防水・防塵×
 サイズ幅 77.6mm / 高さ 166.3mm / 厚さ 8.8mm
 重さ195g
 本体色グレー、グリーン、ピンク、ブラック
USBUSB Type-C(USB 2.0)
 その他Bluetooth 4.2
加速度センサー、環境光センサー、近接センサー、磁気センサー
ジャイロセンサー

重さ(実測値)

本体+付属の保護フィルム

本体+付属の保護フィルム+付属のケース

プリインストールアプリ

ベンチマーク

AnTuTu Benchmark V8.5.2

AnTuTu Benchmark V9.1.3

GeekBench 5.4.1

PCMark for Android Benchmark

使用感

意外とサクサク使える

SoCにはMediaTek Helio P70が使われているということもあり、もっさりというわけではありません。それなりにシャキシャキと動いてくれています。もちろん、高スペック機にはかないませんが、この価格ではわりと頑張っている方だと思います。重いゲームなどをしない限りは、不満が出ることは少ないのではないと思います。

本体が薄く感じる

本体の厚さは8.8mmと、そんなに薄い!というわけではないのですが、見た目や手で持った感じが、なんとなく薄く感じます。本体デザインが影響しているのでしょうか?

EngineerModeに入れる

SoCがMediaTek P70ですので、EngineerModeに入ることができます。スクリーンショットの音を消すなどすることができます。

EngineerModeに入るには、次のようなアプリを使います。

Engineer Mode MTK Shortcut - Google Play のアプリ
エンジニアリングモードテックにすばやく簡単にアクセス!このショートカット。
MTK Engineering Mode - Google Play のアプリ
オープンサービスモード!

スクリーンショットの音を消す

カメラの音は、設定で消すことが出来るのですが、スクリーンショットの音は、通常では消すことができません。
次と同じ方法で、スクリーンショットの音を消すことができます。

au回線で使うことが出来るか?

本機が対応している4Gのバンドは、 1 / 3 / 7 / 8 / 20 / 40 となっています。

SoftBank系の格安SIMであれば、プラチナバンドにも対応しているので、何の問題もなく使用できます。docomo系の格安SIMだと、バンド1と3には対応していますが、プラチナバンドには対応していないので、特に地下や山間部で圏外になる可能性が多くなります。

では、au系の格安SIMでは使えるのか、確かめてみました。
結果、バンド1に接続し、使うことができました。しかし、auのプラチナバンドには対応していないので、圏外になってしまうことが多く、おすすめは出来ません。

設定されているAPN

購入時に、すでにいくつかのAPNが設定されています。

SoftBank系

docomo系

au系

docomoやauのプラチナバンドに対応していない本機ですが、docomo系やau系格安SIMのAPNが、割とたくさん登録されています。これだけプリセットされているならば、いっそのことdocomoやauのプラチナバンドにも対応させればよかったのにと思います。

カメラのピントがすぐに合う

写真を撮っていて気づいたのですが、ピントが合う時間がかなり短いです。
メーカーのサイトによると、0.03秒と書かれてあります。

A100 | Blackview
Welcome to Blackview official site, the 2021 newest model A100 is Blackview A series flagship phone, which equipped with the highest specs.

ピントが合う時間が短いと、快適に写真を撮ることが出来ます。

最大20枚までの連写が可能

設定で、10枚もしくは20枚までの連写を指定することができます。
実際に連写で撮影してみましたが、保存時間も短く、十分使いものになります。

写真を撮ってみた

画像をクリックすると、元の画像が表示されます。

 

広角撮影

 

ポートレート

 

夜景

指紋認証は遅い

指紋認証センサーは、電源ボタンをかねているので、右側面にあります。

指紋認証の速度は、はっきり言って遅いです。センサーに指を置いて1秒くらいしたら、ロックが解除されます。

ナビは、電子コンバスがやや不安定

ナビを使うことが多いので、位置情報と電子コンパスの正確性を重視しています。
ナビを試してみましたが、位置情報に関しては大きな問題はありませんでしたが、電子コンパスは、時々不安定になることがありました。

緊急地震速報を受信

21年11月1日に発生した地震の、緊急地震速報を受信することができました。

バッテリーは長持ち

バッテリーの容量が5000mAhのスマホもたくさん出ている中、本機の4680mAhという容量は、大きいものではありません。ですが、スマホ全体で見ると、割と大きい部類に入ります。実際に使ってみても、バッテリーがすぐになくなる感じはなく、平均的な使い方ならば、一日は十分にもつのではないでしょうか。

謎の設定がある

システムの設定に、見慣れない設定項目があります。

どちらも、スマホのパフォーマンスをアップさせる設定のようですが、どういった働きをするのかがよく分かりません。

アプリを無効化するアプリ「凍結室」

アンインストールしたくても出来ないアプリを、無効化するアプリがインストールされています。
凍結室」というアプリです。

凍結室

無効化したいアプリを、「追加」をタップして、登録していきます。

アプリやウィジェットなどが正常動作しないとき

通常であれば、自動的に起動するアプリが起動しなかったり、ウィジェットの動作がおかしい時があるかもしれません。
そんなときは、「システムスチュワード」というアプリで、解決できるかもしれません。

システムスチュワード

まず、システムスチュワードを起動します。
すると、次のような画面が表示されます。
右下の「アプリ管理」をタップします。

すると、次のような画面が表示されます。
上から2番目の「自動起動管理」をタップします。

すると、アプリの一覧が表示されます。
最後に、自動起動させたいアプリや、動作がおかしいウィジェットの項目をONにします。

まとめ

特に気になる点もなく、普通に使えるAndroid機です。メーカー独自のカスタマイズはされていますが、それも最小限で、わりと素のAndroidに近い感覚で使うことが出来ます。

ゲームをしない私的には、メインで使っても問題はない感じです。

ただ、価格で見ると、本日10月31日現在、Amazon価格で23000円以上します。この価格で買うならば、探せばもっと高スペックなスマホが買える可能性があります。

セール価格に期待したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました