OUKITEL C21 レビュー【予想以上の快適さ】【antutuは?】

今回レビューをする「OUKITEL C21」は、アマゾン価格が約15000円と、低価格帯のスマホに入ってきます。

低価格帯のスマホの印象として、スペックのどこかが削られていたり、性能的に思っていたほどではなかった、そんなことがあるような気がします。

今回レビューをするOUKITEL C21は、カメラに4眼レンズ、SoCにMediaTek Helio P60、4GBのRAMに64GBのROMなど、低価格帯の中でも性能面で期待できるスペックとなっています。

では使ってみて実際どうなのか、レビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

本体を見てみる

前面から

ノッチを隠した設定での写真となります。

 

こちらは、ノッチを隠さない設定での写真となります。
パンチホールが左上に見えます。
画面の解像度は2310×1080ピクセルと高く、表示もとてもきれいです。

 

下から

マイク、USB Type-Cポート、スピーカがあります。
USB Type-Cポートが採用されているのは、なにげにうれしい点です。
バッテリー容量は4000mAと、かなり大き目です。その割に充電は5V2Aと、高速充電というわけではないのが残念な点です。
スピーカーの音質は、良くも悪くもなく、ごく普通の音質だと思います。個人的には、低価格なスマホの割には、良いほうではないかと感じました。ただ、イヤホンジャックがないのが残念です。

 

標準の状態では、スピーカーの音が大きすぎるので、「設定」→「音」→「詳細設定」→「音声強化」で、「BestLoudness」をOFFにする必要があると思います。

 

背面から

目立つのは4眼カメラ、また、指紋認証センサーがレンズの横にあります。
メインカメラは1600万画素です。マクロレンズも搭載しており、こちらは200万画素となっています。残りは、被写界深度測定レンズと補助レンズとなっていますが、どのような働きをしているのかは、使っていて、よくわかりませんでした。
指紋認証の精度は特に問題なく、認識速度も割と速いです。ですが、位置がよくない。指紋認証は、カメラとはもっと離して、中央上部にあったほうが、使いやすいと感じました。この場所だと、間違えてカメラのレンズを触ってしまったり、どこにあるのか指で探してしまいます。

 

右から

音量ボタンと電源ボタンがあります。
音量は、初期設定では大きすぎるので、設定で調整する必要があると思います。

 

上から

近接センサーと照度センサーがあります。
この位置にあるのは、めずらしいのではないでしょうか。

 

左から

SIMカードトレイがあります。
おしいのは、microSDカードを使うと、SIMカードが1枚しか使えないという点です。
UMIDIGIの低価格スマホでは、デュアルSIM+microSDカードといった使い方ができるので、この点ではとても残念です。

スペック

 OUKITEL C21
 OSAndroid 10
SoCMediaTek
Helio P60
 GPU Mali-G72 MP3
 画面6.4インチ
2310×1080ピクセル
パンチホール
 RAM4GB
 ROM64GB
 バッテリー容量4000 mAh
充電 5V / 2A
 Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz 、5GHz)
 対応バンド3G: WCDMA: B1 /8
4G: FDD: B1 /3 /7 /8/19/20
 カメラアウトカメラ
1600万画素(メイン)
+ 200万画素(マクロ)
+ 200万画素(被写界深度用)
+ 200万画素(補助カメラ)
インカメラ
2000万画素
 防水
 防塵
 サイズ幅 75.5mm / 高さ 157.3mm
厚さ 8.75mm
 重さ170g
 本体色ブルー
ブラック
パープル
USBUSB Type-C
 その他DSDV対応
Bluetooth 5.0
近接センサー、環境光センサー
ジャイロセンサー
加速度センサー、電子コンパス

ベンチマーク

AnTuTuベンチマーク V8.3.4

GeeckBench 5.2.5

AndroBench

使用感

写真を撮ってみた

クリックすると、元の画像が表示されます。
背景をぼかすモードがありますが、うまくぼけず、通常撮影モードと比較しても、ほとんど変わりがありませんでした。
ピント合わせは、少し遅めだと思います。

通常撮影

マクロ撮影

 

通常撮影

上の写真のマクロ撮影

動作速度は、ストレスなく使える

SoCに、MediaTek Helio P60が使われており、通常の動作には問題ないレベルだと感じます。重いゲームをするとなると別なのでしょうが、私のようにゲームはPokémon Goくらいな人間からすると、特にストレスなく使えます。

位置情報は正確

マップアプリでナビを使ってみましたが、位置情報はとても正確で、また、電子コンパスにも問題はなく、快適に使うことができました。
低価格なスマホの場合、位置情報が正確でなかったり、電子コンパスが省略されていたりするなど、マップアプリがあまり使えないこともありますが、その点においては、OUKITEL C21 は、とても優秀です。

バッテリーはよくもつ

OUKITEL C21 のバッテリー容量は4000mAhです。ゲームを長時間すると、当然減りは早いですが、ごく普通の使い方、例えばSNSやwebサイトを見たり、YouTubeで動画をみたりする場合は、よくバッテリーがもちます。
最近の機種では、バッテリーの容量が大きい機種も増えてきていますので、OUKITEL C21 の4000mAhのバッテリー容量は、かなり大きいとは言えなくなってきていますが、それでも、バッテリーのもちには満足できました。

バッテリーの減り方(一例)

バッテリーの充電速度

15%から100%になるまで、約2時間半ほどかかりました。

スリープ時のバッテリーの減り方

スリープ時のバッテリーの減り方は少なく、異常なバッテリー消費などは見られませんでした。
下の画像の、グラフが平らになっているところが、スリープしている時間です。

VoLTEに対応している

LINEモバイルのソフトバンク回線での検証になりますが、VoLTEに対応しています。ドコモ回線の場合はどうなのかは、検証する環境がないので、わかりませんでした。

電波の感度

電波の感度は、やや弱いような気がします。

たとえば、他のスマホで、アンテナマークがフルな場所でも、このスマホだと、アンテナマークが少し弱い表示の時があります。

ノッチを隠すことができる

設定の「Hide notch」で、ノッチ部分を隠すことができます。
画像の左側が通常モード、右側がノッチを隠した場合です。

「戻る」の位置を変えられる

通常では戻るの▽が一番右にありますが、設定で、一番左に表示させることができます。

イヤホンジャックがないのが残念

OUKITEL C21には、イヤホンジャックがありません。音楽をイヤホンで聴くためには、変換ケーブルが必要です。
私は、変換ケーブルを使っていましたが、変換ケーブルがじゃまに感じたので、Bluetoothのレシーバーを使って、音楽を聴いています。


OUKITEL C21でスクリーンショット音を消すには? 

UMIDIGI F1やA5 Proなどと同じ方法で、スクリーンショット音を消すことができます。

まとめ

OUKITEL C21は、個人的に、カメラ機能には少し違和感を感じますが、その他の部分においては、サクサク動き、位置情報も正確ということもあり、自分のメインな使い方、SNSやwebサイト閲覧、YouTube、マップアプリの使用においては、不満なく使うことができました。

ゲームでも、軽いゲームなら楽しめるのではないでしょうか。

アマゾン価格で約15000円のスマホに、おサイフケータイを求めるのは、ちょっと酷かな? でもあってほしいな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました