【全部入り!】AQUOS sense4(SH-M15)レビュー

先日、下位機種であるAQUOS sense4 basicのレビュー記事を書きました

すこし動作がもっさりしているなど、あと一歩の点がありましたが、全体的には価格に見合ったよい仕上がりでした。

今回は、上位機種の「AQUOS sense4」(SH-M15)のミニレビューをしていきたいと思います。
違いは、RAMの容量とカメラの機能、指紋認証機能、そしてDSDV機能の有無くらいで、そのほかの部分はほぼ同じです。
今回は、その違いをふまえながらのミニレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

AQUOS sense4 basicとの違い

主な違い

専用の充電器が付属しています。

スマホ本体を見ていくと、まずRAMの容量が1GB多く、4GBとなっています。
カメラは、広角カメラが搭載され、広角、標準、光学2倍ズームの3眼構成となっています。
また、指紋認証センサーが、画面下部に搭載されています。

DSDVに対応し、SIMカード(nanoSIM)2枚を同時に装着できます。

スペック

 AQUOS sense4 (SH-M15)
 OSAndroid 10 → Android 11
SoCQualcomm Snapdragon 720G
 GPUAdreno 618
 画面5.8インチ(IGZOディスプレイ)
2,280×1,080(フルHD+)
パンチホール
IGZO液晶
のぞき見ブロック
 RAM4GB
 ROM64GB(UFS2.1)
 バッテリー容量4,570 mAh
USB PD対応 急速充電
 Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz 、5GHz)
 対応バンド
(SIMロック解除後)
4G LTE:1 / 3 / 5 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 39 / 41
 カメラアウトカメラ
1200万画素
+ 800画素(望遠・光学2倍)

インカメラ
800万画素
 防水・防塵・〇 IPX5/IPX8/IP6X
 サイズ幅 約71mm / 高さ 約148mm / 厚さ 約8.9mm
 重さ177g
 本体色ライトカッパー、ブラック、シルバー
USBType-C(USB 2.0)
 その他MIL-STD-810H
Bluetooth 5.1
近接センサー、環境光センサー、ジャイロセンサー
加速度センサー、電子コンパス

動作について

AQUOS sense4 basicと比べて、RAMは1GB増の4GBとなっています。
そのせいか、動作は普通にサクサクしていて、特にストレスを感じさせることはありません。

ただ、Snapdragon 720G搭載スマホとしては、例えばアプリの起動や切り替えなどで、若干遅いかなと感じる場面もありました。

DSDVに対応している。

AQUOS sense4(SH-M15)は、DSDVに対応しています。
SIMカード(nanoSIM)2枚を装着可能で、例えば音声とデータ通信を分けて使うことができます。

指紋認証ができる

AQUOS sense4 basicにはついていない指紋認証センサーが、AQUOS sense4(SH-M15)にはついています。

カメラのスペックが違う

AQUOS sense4(SH-M15)では、アウトカメラに関して、

標準 1,200万画素
広角 1,200万画素
望遠 800万画素(光学2倍)

となっています。
広角での撮影ができるようになっているので、カメラの楽しみ方が増えます。

ベンチマーク

Antutu Benchmark V8.5.2

 

GeekBench 5.4.1

AndroBench

写真を撮ってみた

全てAIをONにして撮っています。
画像をクリックすると、元の画像が表示されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

今回はAQUOS sense4 basicとの違いを主に見てきました。

やはりRAMの容量がきいているのか、動作はあきらかにサクサクになっています。
指紋認証センサーがついており、利便性が増しています。
カメラには広角レンズがつき、写真の撮り方が増えています。

個人的には、DSDVに対応しているのがありがたいです。
普段DSDVでスマホを使っている者としては、この機能は必須なのです。

AQUOS sense4には、おサイフケータイ、広角・望遠を備えたカメラ、指紋認証機能、DSDV対応、そして標準的なRAM容量と、およそ必要な機能が全部入っています。
そう考えると、AQUOS sense4(SH-M15)は、長く愛用できる機種になるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました