Redmi Note 9Tでアプリが勝手に落ちるとき【タスクキル】

Redmi Note 9Tを使っていて、一番困っていた症状があります。それは、

バックで起動させておきたいアプリが、いつの間にか落ちている。

という症状です。
例えば、Batteryの残量を調べる「Battery Mix」や、日付をステータスバーに表示するアプリなどが、いつの間にか落ちていたことは、何度もありました。

今回は、バックで動作していてほしいアプリが、タスクキルされて落ちてしまわない方法を、見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

3つの手順

「電池の最適化」をしない

電池の最適化をしているアプリは、アプリを使っていないときに、バックでの動作が落ちてしまいます。該当のアプリでは、「電池の最適化」は「しない」に設定しましょう。

方法は、「設定」から「電池の最適化」を検索し、最適化の設定画面で「すべてのアプリ」を表示させ、該当のアプリでは「電池の最適化をしない」にします。

「自動起動」をON、「バッテリーセーバー」を「制限なし」にする

例えば、ここでは「LINE」を例にあげて説明します。

設定」-「アプリ」-「アプリを管理」から、「LINE」をタップします。
アプリ情報の画面で、「自動起動」をON、「バッテリーセーバー」を「制限なし」にします。

 スピードブーストの「アプリをロック」に登録する

「セキュリティ」アプリをひらきます。

すると、次のような画面が表示されます。

右に見える「スピードブースト」をタップします。

そして、タスクキルされたくないアプリのチェックををONにします。
(下の場合は、LINEをONにしています。)

まとめ

上の手順にしたがって設定をすると、使っていないときでも落ちてほしくないアプリでも、タスクキルされることなく使うことができます。

ただ、この設定をしていても、たまに落ちてしまうことがありますので、その場合は、上の方法をやり直す必要があります。

また「自動起動」にしているアプリは、落ちたと思っても、いつの間にか再起動していることがあります。すぐに再起動してくれればいいんですけどね。

●ただいま楽天モバイルがお得です!
  ↓



コメント

  1. […] Redmi Note 9Tでアプリが勝手に落ちるとき【タスクキル】Redmi Note 9Tを使っていて、一番困っていた症状があります。それは、「バックで起動させておきたいアプリが、いつの間にか落ちて […]

タイトルとURLをコピーしました