【RAM 8GB】Ulefone Note 11P レビュー【格安スマホ】

Ulefoneは、Ulefone Armorなどのアウトドアスマホ以外にも、ノーマルなスマホも発売しています。
その中でも、Ulefone Note 11Pは、約2万円といった低価格で、RAMが8GB、ROMが128GBと、メモリやストレージが多めなのが特徴です。

低価格帯のスマホでは、時にはRAMが少なくてアプリの動作が遅くなってしまったり、ROMが少なくて、多くのデータを保存することができないこともあります。その点では、Ulefone Note 11Pは優秀です。

今回は、そんなUlefone Note 11Pのレビューをしていきます。

スポンサーリンク

開封

このような箱に入っています。いたって普通の箱です。

 

箱の裏側には、技適マークのシールが貼ってありました。

 

開封しました。白くて半透明な袋に本体が入っています。

 

付属品です。冊子類、SIMピン、USB Type-Cケーブル、充電器となっています。

 

充電器の仕様は、5V2A出力となっています。PSEマークがついています。

本体

画面

画面のサイズは6.55インチ、液晶で解像度は1600x720となっています。

 

インカメラは、パンチホールとなっています。
気になるのは、元々貼ってある液晶保護フィルムで、画面よりも明らかに小さいサイズです。また、丸くくりぬかれているのではなく、角を切るような感じになっています。

下から

マイク、USB Type-cポート、スピーカーがあります。スピーカーの音質は、よくもなく悪くもなくといった感じです。

 

右側から

右側には、ボリュームボタンと電源ボタンがあります。

 

上から

上側には、イヤホンジャックがあります。

 

左側から

SIMカードスロットがあります。

 

Ulefone Note 11Pは、DSDV対応、かつ、microSDカードも1枚同時に使用することができる、トリプルスロットとなっています。

 

カメラ部分

カメラは標準的な位置にあり、その下には指紋認証センサーがあります。

 

カメラの出っ張りは、2mmほどあります。

背面は、さらさらした手触りで、指紋は目立ちません。

背面

左がUlefone Note 11P、右がRedmi Note 9Tです。
手触りや形は、Redmi Note 9Tに似ています。Redmi Note 9Tよりも縦に少し長く、幅は少し細めです。

スペック

 Ulefone Note 11P
 OSAndroid 11
SoCMediaTek Helio P60
 GPUMali-G72 MP3
 画面6.55インチ、
1600×720ピクセル
パンチホール
 RAM8GB
 ROM128GB
 バッテリー容量4400 mAh
急速充電 10W
ワイヤレス充電には対応していません。
 Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz 、5GHz)
 対応バンドLTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 19 / 20 / 28A / 28B
 カメラアウトカメラ
4800万画素
+ 800万画素(超広角)
+ 200万画素(マクロ)
+ 200万画素(補助)

インカメラ
800万画素
 防水・防塵×
 サイズ幅 77.2mm / 高さ 166.9mm / 厚さ 9.95mm
 重さ220g
 本体色レッド、ブラック、グリーン
USBType-C(USB 2.0)
 その他Bluetooth 5.0
近接センサー、環境光センサー、ジャイロセンサー
加速度センサー、電子コンパス

ベンチマーク

Antutu Benchmark V9.1.0

Geekbench 5.4.1

写真を撮ってみた

クリックすると、元の画像が表示されます。

標準カメラ

 

マクロカメラ

 

標準カメラ

使用感

第一印象は「重い!」

Ulefone Note 11Pを取り出してみて、まず感じたのは、「重い!」ということです。バッテリー容量が4400mAhと、最近のスマホとしてやや大きいくらいの容量ですが、重さは約220g。バッテリー容量が5000mAhのRedmi note 9Tと同じくらいの重さです。

バッテリー容量で見ると、もう少し軽くてもよいなと感じます。

スクロールが重い!

「重い!」が何度も続きますが、webブラウザやTwitterアプリなどで、画面をスクロールさせるとき、指を大きく動かさないと、思うように画面がスクロールしません。

いつも使っているRedmi note 9Tなど、触ったことのあるAndroidスマホの中でも、おそらくUlefone Note 11P特有のスクロールの仕方なのでしょうが、画面のスクロールという点で見ると、とてもやりにくく、時にはイライラしてしまいます。

動作速度は、特に問題を感じない

SoCにMediaTek Helio P60が使われていて、動作速度としては、中くらいでしょうか。それでも実際に操作してみて、また、ベンチマークの結果から見ても、軽いアプリでは特に問題を感じることはないと思います。

重いゲームなどをするとまた違ってくるのでしょうが、私は軽い使い方(TwitterやYouTubeなど)しかしないので、特に問題はないです。ただし!、上に書いたスクロールの問題があるので、速度的には問題を感じなくても、使いにくい面はあります。

位置情報は合格点

ナビをよく使う私にとって、位置情報や電子コンパスの正確性は重要です。Ulefone Note 11Pは、電子コンパスが省略されずに内蔵されています。

実際にナビを使ってみましたが、位置情報や電子コンパスは正確で、特に問題なくナビすることができました。

初期設定では、スピーカーの音が大きすぎる

初期設定のままでは、スピーカーの音が大きすぎます。
「設定」ー「音」ー「詳細設定」ー「音声強化」の、「BesLoudness」をOFFにすると、ちょうどよい感じになります。

指紋認証には、少し時間がかかる

指紋認証は正確ですが、ロックが解除されるのに、少し時間がかかります。指紋センサーに指をつけて、約1秒くらいでロックが解除されます。

触った瞬間にロックが解除されるスマホもありますが、そのようなスマホと比べると、時間がかかります。ただ、人にもよると思いますが、私的には、多少遅くても精度は正確なので、特に気になることはありません。

ポートレートモードは残念仕様

補助カメラがあるので、被写界深度を測定しているのかと思いましたが、ポートレートモードは、単に画像の真ん中以外をぼかす機能となっています。

au系の格安SIMでは使えるのか?

auのプラチナバンドであるバンド18には対応していませんが、バンド1など、Ulefone Note 11Pが対応しているバンドにはつながり、通信や通話をすることができました。

ただし、プラチナバンドには対応していないので、使えるエリアは限られてしまいます。

VoLTEに対応している

確認した限り、OCNモバイルONE(ドコモ系)、エキサイトモバイル(au系)、LINEモバイル(ソフトバンク系)の格安SIMそれぞれで、VoLTEを有効にすることができました。

ただしau系の格安SIMは、Ulefone Note 11Pが、auのプラチナバンドに対応していないため、実質的にはドコモ系とソフトバンク系の格安SIMで使うのがよいでしょう。

カメラのシャッター音は消せるが、スクリーンショットの音は消せない

カメラのシャッター音は、カメラアプリの設定で消すことができます。
でも、スクリーンショットの音は、消すことができません。

EngineerModeに入り消そうとしましたが、設定項目自体が出てこないので、消すことができません。

まとめ

本日現在、Amazon価格が約2万円なUlefone Note 11Pは、個人的には、スクロールの問題がるので、常用はできないと感じています。

全体的には、これといった特徴がなく、ごく普通なAndroidスマホといった感じです。
価格の割にRAMやROMの容量が大きく、動作速度も特に問題を感じない分、とてももったいないです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました