Google Pixel 4 レビュー【軽快な操作感】

先日、モノカリ で、Google Pixel 4をレンタルしました。

そのPixel 4が、早速届きました。

Pixel 4 の使い心地は、予想以上によいです。画面のスクロールのなめらかさ、手に感じる「カチッ」といった振動の心地よさ、なかなか所有感を満たしてくれる要素がいくつもありました。

今回は、そんなPixel 4のレビューとなります。

スポンサーリンク

外観

前面から

※液晶保護ガラスが貼られています。

ノッチはなく、すっきりとした画面ですね。また、有機ELということもあり、とてもきれいに表示されます。90Hzのリフレッシュレートの効果もあり、サクサク・ヌルヌル感がすごいです。

下から

マイク、USB Type-Cポート、スピーカーがあります。
スピーカーは、画面上部にもついており、ステレオとなっています。音質もよいです。

右から

電源ボタンとボリュームボタンがあります。
一般的なAndroidでは、電源ボタンが下にあるので、ちょっと戸惑ってしまいます。

上から

補助マイクがあるのみで、それ以外なにもありません。

左から

SIMカードトレイがあります。

 

SIMカードトレイには、物理的なSIMカードは1枚しか入りません。eSIMに対応しています。

カメラ周辺

レンズがあまり主張してなく、おとなしめな印象を感じます。

カメラの出っ張り

カメラの出っ張りは、それなりにあります。ケースをつけて使うのがよいでしょう。

スペック

 Google Pixel 4
 OSAndroid 11
SoCQualcomm Snapdragon 855
 GPUAdreno 640
 画面5.7インチ(有機ELディスプレイ)
2280×1080ピクセル(FHD+)
リフレッシュレート 90Hz
Gorilla Glass 5
 RAM6GB
 ROM64GB / 128GB
 バッテリー容量2800 mAh
急速充電(18W) USB PD 2.0
ワイヤレス充電に対応
 Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
(2.4GHz 、5GHz)
 対応バンドLTE:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 20 / 21/ 25 / 26 / 28 / 38 / 39 / 40 / 41/ 42 / 66
 カメラアウトカメラ
(標準)1600万画素+(望遠)1220万画素

インカメラ
800万画素
 防水・防塵IP68
 サイズ幅 68.8mm / 高さ 147.1mm / 厚さ 8.2mm
 重さ162g
 本体色ホワイト、ブラック、オレンジ
USBType-C(USB 2.0)
 その他おサイフケータイ対応
Bluetooth 5.0 + LE
ステレオスピーカー
近接センサー、環境光センサー、ジャイロセンサー
加速度センサー、赤外線センサー、電子コンパス
気圧計

ベンチマーク

Antutuベンチマーク V8.5.2

Antutuベンチマーク V9.1.3

Geekbench 5.4.1

PCMark for Android Benchmark

初期インストールアプリ

写真を撮ってみた

画像をクリックすると、元の画像が表示されます。

標準カメラ

 

ポートレート

 

夜景

使用感

動作はサクサクでぬるぬる

SoCがSnapdragon 855だけのことはあり、日常的な操作ではサクサクと動作します。おそらく、重いゲームも快適にプレイすることが出来るのではないでしょうか。

Pokemon GOくらいのゲームなら、まったく支障なく、快適にプレイすることが出来ました。

ナビは快適

私はナビを多用するので、毎回位置情報と電子コンパスの正確性を確認しています。

Pixel 4については、位置情報と電子コンパス、ともに高性能、何の問題もなくナビで目的地まで到着することができます。
ナビに関しては、ほぼ完璧といった感じです。

90Hzのリフレッシュレートは、かなりいい!

120Hzのリフレッシュレートよりもなめらかさでは劣るのではないかと思っていましたが、そんなことはなく、ちゃんと画面の動きのなめらかさを感じることが出来ます。

もちろん、120Hzと比べると、なめらかさでは劣る部分もありますが、十分快適に画面が表示されます。

バッテリーのもちは、いたって普通

バッテリー容量が2800mAhということもあり、バッテリーのもちは最悪なのではと思っていました。
でも、意外ともち、スマホとしてはいたって普通なもちだと思います。
バッテリー容量5000mAhなどのスマホと比べると、バッテリーのもちは当然落ちるのですが、1日であれば、十分に使うことができます。

本体がすぐに熱くなる

ベンチマークやゲームをやったり、バッテリーの充電をすると、本体背面がすぐに熱くなります。
例えば、Redmi Note 9Tでは温度上昇がそれほどでもないゲームでも、Pixel 4では、熱くなりがちです。

アプリで調べたところ、例えば充電中は40℃以上の温度になっていました。Redmi Note 9Tでは、高くても35℃前後です。

カメラの画質が、すごい!

私はカメラについては素人なのですが、素人目に見ても、カメラの画質はとてもよいです。
ポートレートについては、他のスマホは被写界深度用のカメラがついていますが、本機にはついていません。それでも、きれいにポートレートの写真を撮ることが出来ます。

その他、他のカメラでは白く飛んでしまうような場面でも白く飛ばず、また、夜景モードの写真もかなりきれいです。

指紋認証はありません

Pixel 4には、指紋認証はありません。その代わりに顔認証やPIN入力などを使うことになります。

個人的に、顔認証はセキュリティ面であまり信用していないのと、PIN入力は、入力するのがめんどくさいので、使いたくありません。

でも、指紋認証がないので、使わざるを得ないのですね。

絶妙なサイズ

Pixel 4は、画面サイズが5.7インチ、重さは162gと、最近のスマホにしては小さな部類に入ります。
このサイズ感、最初は「画面が小さいスマホなんて……。」と思っていたのですが、使ってみると、意外と快適なんですね。

片手でもなんとか操作できるし、なにより軽いので、手にかかる負担があまりありません。

充電スピードが速い

18Wの急速充電に対応しています。
バッテリー容量が2800mAhと少ないので、バッテリーの充電は比較的速く終わります。
これが、バッテリー容量5000mAhのスマホだと、倍くらい時間がかかることもあります。

何にしても、速いことはよいことです。

まとめ

Pixel 4は、2019年10月発売と、発売されてから2年ほどたっています。それでも、これだけ快適に使えるというのは、とてもすごいことです。

操作性よし、カメラ画質よし、スピーカーはステレオ、その他いろいろ……。

今でもメインスマホとして十分に使うことが出来るスマホです。

さて、今回のミニレビューでは、モノカリ でレンタルしたPixel 4を使いました。
買うと高くつきますが、レビュー記事にするくらいの期間、大体2週間くらいでしょうか、これくらいのレンタルなら、数千円でPixel 4をレンタルすることができます。

Pixel 4は、興味がありながらも、今までまったく触ったことがなかったので、今回触ることができて、よかったです。

今後もモノカリ をつかって、レビュー記事を書く予定でいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました