【RAM 8GB】POCO X3 GT レビュー【爽快な使い心地!】 | ぱそふぉん

【RAM 8GB】POCO X3 GT レビュー【爽快な使い心地!】

■この記事には、アフィリエイト広告などの広告が含まれています。

POCOシリーズは、今までに2機種のレビューをしてきています。

本日レビューするのは、POCOシリーズの最新機種、POCO X3 GTとなります。

POCO X3 GTは、SoCにMediatek Dimensity 1100 5Gが使用されており、高スペックな部類に入ります。

バッテリー容量は5000mAhとなっており、バッテリーのもちも期待できます。また、ドコモやauのプラチナバンドにも対応しており、広いエリアで使用できることも特徴となっています。さらに5Gにも対応しています。

今回は、そんなPOCO X3 GTのレビューとなります。

スポンサーリンク

開封

付属品など

箱はブラックにイエローの文字となっています。5Gの文字がさりげなく添えられています。

 

どんどん開封していきます。中は黄色です。

 

本体が見えてきました。

 

一番下に、充電器とUSB Type-Cケーブルがあります。充電器は67W対応の高速充電器です。

 

付属品各種です。POCOのステッカーは一体何に使うのかな?
付属のケースは、TPU製の透明なものです。
本機にはイヤホンジャックがついていませんので、有線イヤホンをつなぐためのアダプタも入っています。

  

スマホを包んでいる袋には、スペックの大きな見所が書かれています。
個人的には、67Wでの高速充電が気になっています。

外観

正面から

パンチホールが画面上部にあります。
有機ELではありませんが、十分にきれいな表示です。
液晶にはGorilla Glass Victusが採用されています。またリフレッシュレートは120Hzとなっており、とくにTwitterなどのSNSや、webブラウザでのスクロール時に、快適さが発揮されます。ヌルヌルサクサクです。

背面から

POCOの大きな文字はなく、かわりに小さな文字でPOCOの文字が添えられています。
手で触った感触はサラサラしていて、指紋が目立ちにくくなっています。

下から

マイク、USB Type-Cポート、スピーカーがあります。
イヤホンジャックがないのが残念です。
スピーカはハイレゾ対応・Dolby Atmosにも対応しています。上部にもスピーカーがあり、ステレオで音楽などを楽しむことができます。音質はよいです。

右から

右側には、音量ボタンと電源ボタンがあります。
電源ボタンは、指紋認証センサーをかねています。指紋認証の精度はかなりよいです。

上から

マイク、スピーカー、赤外線センサーがあります。
このスピーカーと下部のスピーカーを合わせて、ステレオとなっています。

左から

左側には、SIMカードトレイがあります。

 

DSDVに対応しています。microSDカードには対応していません。

カメラ周辺

メインカメラは6400万画素、広角カメラは800万画素、マクロカメラは200万画素となっています。

 

カメラの出っ張りはそれなりにあるので、ケースをつけて使うことをおすすめします。

スペック

 POCO X3 GT
 OSAndroid 11、MIUI 12.5
SoCMediaTek Dimensity 1100
 GPUMali-G77 MC9
 画面6.6インチ(IPSディスプレイ)
1,080×2,400ピクセル
パンチホール
Gorilla Glass Victus
リフレッシュレート 120Hz
 RAM8GB
 ROM128GB / 256GB
UFS3.1
 バッテリー容量5,000 mAh
急速充電 67W
ワイヤレス充電には対応していません。
 Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz 、5GHz)
 対応バンド5G : n1, n3, n41, n77, n78
4G : B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 18 / 19 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41 / 42
 カメラアウトカメラ
6400万画素
  + 800画素(超広角)
  + 200万画素(マクロ)

インカメラ
1600万画素
 防水・防塵×
 サイズ幅 75.9mm / 高さ 163.3mm / 厚さ 8.9mm
 重さ193g
 本体色白、黒、青
USBType-C(USB 2.0)
 その他DSDV対応
67W急速充電
Bluetooth 5.2
近接センサー、環境光センサー、ジャイロセンサー
加速度センサー、電子コンパス、赤外線センサー

ベンチマーク

Antutu Benchmark V8.5.2

Antutu Benchmark V9.1.3

GeekBench 5.4.1

PCMark for Android Benchmark

 

関連記事

プリインストールアプリ

デバイス情報

重さ(実測値)

ケースなし(液晶保護ガラス装着済み)

付属のケースあり

使用感

動作スピードには、何の文句もない!

Twitterアプリやwebブラウザの操作一つをとっても、明らかに分かるほど、サクサク感が伝わってきます。まさに、爽快な使い心地という言葉がぴったりのスマホです。

これならば、重いゲームでも快適にプレイできるのではないでしょうか。少なくとも、Pokemon GOは非常に快適でした。

このサクサク感に寄与しているのは、リフレッシュレート120Hzの画面表示でもあります。あらゆる場面での画面表示を快適にしてくれます。(対応していないアプリもあります。)

高音質なスピーカー

本機のスピーカは、ハイレゾ・Dolby Atmosに対応しています。

スピーカーは、下部と上部に配置されていて、ステレオで高音質を楽しむことができます。

唯一残念なのは、イヤホンジャックがない点です。付属のアダプターを使えば問題なく有線なイヤホンをつなぐことが出来るのですが、一手間かかってしまいます。

効果音を鳴らす設定

効果音を鳴らす設定項目が、割と多めです。
電源ON時の効果音は、「起動時にオーディオを再生」をOFFにすると、鳴らなくなります。

充電や通知を知らせるランプはない

充電中の時や、通知が来たときに光るランプは、ありません。

長持ちバッテリー

バッテリー容量が5000mAhあるため、バッテリーは長持ちな部類に入ります。
下のグラフは、スマホを休み休み、でもほぼ連続して使った時の、バッテリーの減り方です。
100%から25%になるのに、約9時間半かかっています。
実際には、こんなに連続してスマホを使うことはないと思いますので、1日使うには十分バッテリーは持つでしょう。

超高速な急速充電

本機は、67Wでの高速充電に対応しています。18Wなどでの充電と比べても、圧倒的な速さで充電をすることができます。

下のグラフは、バッテリーが2%の状態から、67Wの急速充電をしたときのグラフです。2%から100%になるまでに、約45分という短い時間で充電をすることができています。

 

急速充電開始時のアニメーション

画面をスリープにしない設定ができる

大抵のスマホでは、無操作時に画面がスリープしない時間を、30秒や1分、長くて10分くらいから選択できます。

POCO X3 GTでは、スリープさせない設定にすることができます。
これは地味に便利です。

EngineerModeでいろいろ遊べる

SoCがMediaTekということもあり、EngineerModeでいろいろと遊べます。

EngineerModeに入るには、次のアプリを使います。

Engineer Mode MTK Shortcut - Google Play のアプリ
エンジニアリングモードテックにすばやく簡単にアクセス!このショートカット。

特定のバンドに固定して使ったりと、使い方はいろいろです。

RAMの増設

ストレージの一部を使って、RAMを増設することができます。

カメラのシャッター音を消す方法

カメラのシャッター音は、通常では消すことは出来ませんが、次の記事と同じ方法で消すことができます。

VoLTEを有効にする方法

APNを設定しても、通常ではVoLTEが有効になりませんが、次の方法で、VoLTEを有効にすることができます。

まず、電話アプリを起動して、次の番号をダイヤルします。

*#*#86583#*#*

すると、「VoLTE carrier check was disabled.」と表示され、VoLTEが有効になります。

便利なセカンドスペース機能

スマホのアカウントを2つ作り、まったく別のスマホとして扱える「セカンドスペース機能」を使うことができます。

このセカンドスペース機能では、1台のスマホの中に、2つのアカウントを作り、全く別々のスマホとして使うことができるので、たとえばプライベート用と仕事用などといったように、1つのスマホだけで分けて使うことができます。2台スマホを買う必要はありません。

セカンドスペースへの切り替えは、指紋で行うことが出来ます。セカンドスペース用の指紋を登録すると、すぐにセカンドスペースに切り替えることができ、快適です。

さらに便利なデュアルアプリ機能

セカンドアプリ以上に便利なのは、「デュアルアプリ機能」です。
これは、1つのアプリについて、2つのアカウントを設定することができる機能です。

例えば、LINEは1つのスマホに、1つのアカウントでしか使うことができません。でも、デュアルアプリ機能を使うと、1つのスマホでLINEアカウントを2つ設定することができ、用途に応じて使う分けることが出来ます。

LINEのデュアルアプリを作ると、LINEのアイコンが2つ表示されるようになります。

それぞれを全く別のアカウントとして使うことができます。友だち用、仕事用などいった使い方が出来ます。

片手操作モードで、両手でスマホを持たなくてもよい

POCO X3 GTを含む最近のスマホは、大画面であることが多いです。大画面ということは、画面上に指が届かない範囲が出来てしまうということです。

本機には、「片手操作モード」があり、なるべく指が届かない範囲を少なくすることができます。

写真を撮ってみた

AIを全てONにして撮影しています。
画像をクリックすると、元の画像が表示されます。

 

広角

 

ポートレート

 

夜景

 

マクロ

ナビは快適に使うことができる

電子コンパスの精度が若干気になりますが、位置情報は正確です。試しにナビを使ってみましたが、快適に目的地に到着することが出来ました。

5Gに対応している

本機は、5Gに対応しています。ただ、5Gのエリアはどのキャリアもまただまだ限られており、しばらくの間は4G中心で使用することになると思います。

ジェスチャーショートカット機能が豊富

ジェスチャーショートカット機能があります。種類が豊富で、スマホをさらに快適に使うことができます。

まとめ

POCO X3 GTのうりは、低価格スマホにもかかわらず、圧倒的な性能があり、非常に快適に使えることが出来るという点でしょう。

爽快な使い心地が楽しめるPOCO X3 GTは、低価格でハイスペックなスマホが使いたい方には、おすすめな一台となっています。

コメント

  1. […] 【爽快な使い心地!】POCO X3 GT レビューPOCOシリーズは、今までに2機種のレビューをしてきています。本日レビューするのは、POCOシリーズの最新機種、POCO X3 GTとなります。POCO X3 GTでは、 […]

タイトルとURLをコピーしました