【1台2役】ANKER 511 Power Bank レビュー | ぱそふぉん

【1台2役】ANKER 511 Power Bank レビュー

■この記事には、アフィリエイト広告などの広告が含まれています。

カバンの中には、モバイルバッテリーが入っているという方も多いのではないでしょうか。
私のカバンの中にも、いつもモバイルバッテリーが入っています。

さて、このモバイルバッテリーですが、私はいつも20000mAhというかなりの大容量なものを持ち歩いています。外出先でスマホのバッテリーが切れてしまうのが怖いので、大容量のものを持ち歩いているのです。

でも、はっきり言って、全部使い切ったことや、足りなくなってしまったことは今までに無く、スマホ1回分ほど充電できればよいのかなという結論に達しました。

今回は、スマホ1回分ほど充電できる、ANKER 511 Power Bank(PowerCore Fusion 5000)のレビューとなります。

こちらが、今回購入したモバイルバッテリー、ANKER 511 Power Bankです。
モバイルバッテリーですが、コンセントにさすと、USB急速充電器として使うこともできます。

 

モバイルバッテリーの仕様です。

 

バッテリーのスペック

入力 100V-240V ~ 50-60Hz 0.5A
出力 USB-C 5V-3A / 9V-2.22A
サイズ 約113x30x30 mm
出力ポートは、USB Type-cポートが1つのみです。

 

バッテリーと説明書が入っています。

 

四角くて細い形となっています。

 

コンセントにつなぐ部分は、このように、スリムに収納することができます。

 

大きさを比べてみます。
一番右側のモバイルバッテリーは、私がいつも持ち歩いていた、20000mAhのものです。

 

 

充電は、コンセントから直接行います。
この状態では、急速充電器として使うことができます。

 

早速充電してみます。
充電しているスマホは、moto g52j 5Gです。15Wの急速充電に対応しています。

 

充電している時の電圧と電流です。ちゃんと急速充電がされています。

充電できる回数はスマホ1回分ほどですが、今まで大きなモバイルバッテリーを持ち歩いていた身としては、かなりカバンが軽くなりました。

もしもバッテリーがなくなってしまったらという不安から、ずっと大容量のものを持ち歩いていましたが、スマホ1回分でも十分足りることが判明。5000mAhという容量は、そんな条件にぴったりでした。

また、このANKER 511 Power Bankは、スリムでコンパクトで、見た目にもかなりスマートです。圧迫感がないので、気軽に持ち歩くことが出来ます。

残念なのは、出力がUSB Type-Cポート1つのみという点です。USB Type-Aポートも1つあれば、使い勝手がもっとよくなると思いました。

コンセントに指せば、急速充電器としても使えるモバイルバッテリー、これからたくさん活躍してくれそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました