Blackview A70 レビュー【使える? 低価格スマホ】

以前、1万円台で買え、なかなか使えるスマホとしてRedmi 9Tのレビューをしました。

Redmi 9Tは、本日現在、Amazon価格で16000円台となっています。
今回は、Redmi 9Tよりもさらに低価格(Amazon価格で12000円台)で買える「Blavkview A70」のレビューをしていきたいと思います。
Blackview A70は、果たしてどれほどの実力を持ったスマホなのでしょうか。

スポンサーリンク

開封

早速開封していきたいと思います。
本体は、こんな白い箱に入っています。

 

箱の裏面です。
技適マークのシールが貼られています。

 

簡単なスペック一覧です。

 

箱を開けると、本体が出てきました。

  

冊子類や充電器、USBケーブルが付属品です。

 

充電器の仕様です。5V / 1.5A出力となっています。

外観

正面から

液晶のサイズは6.517インチとなっています。解像度は1600×720です。
低価格スマホではありますが、きれいに表示されています。

※液晶保護ガラスを別途購入し、貼っています。標準では保護フィルムが貼られています。

背面から

最初からケースが装着されています。
ケースには技適マークのシールが、そして、写真ではわかりにくいですが、「ONLY THE BRAVE」という文字がケースに印されています。

 

こちらはケースを取り外した画像となります。
指紋認証センサーは、背面にあります。また、カメラの出っ張りはほとんどありません。

 

カメラ周辺です。
カメラは、1300万画素となっています。レンズが3つありますが、そのうち2つの画素数は不明です。

g

下から

マイク、Micro USB端子、スピーカーがあります。
USB Type-Cではなく、Micro USB端子となっています。
スピーカーの音質は、あまりよくありません。

右から

ボリュームボタンと電源ボタンがあります。

上から

イヤホンジャックがあります。

左から

左側には、なにもありません。
SIMカードトレイはどこにあるのかというと……。

内部

SIMカードとmicroUSBカードは、背面をパカッと開けてセットする仕組みになっています。
バッテリー容量は、5380mAhと大容量です。

 

SIMカード(nanoSIM)とmicroUSBカードは、ここに装着します。

重さ(実測値)

本体+ガラス保護フィルム

本体+ガラス保護フィルム+付属ケース

スペック

 Blavkview A70
 OSAndroid 11
SoCUnisoc SC9863A
 GPUPowerVR Rogue GE8322
 画面6.517インチ
1600×700ピクセル
水滴型ノッチ
 RAM3GB
 ROM32GB
 バッテリー容量5380mAh
ワイヤレス充電には対応していません。
 Wi-FiWi-Fi 802.11 a/b/g/n
(2.4GHz)
 対応バンド4G : LTE:1 / 3 / 7 / 8 / 20 / 40 / 41
 カメラアウトカメラ
1300万画素

インカメラ
500万画素
 防水・防塵×
 サイズ幅 77.5mm / 高さ 163.5mm / 厚さ 8.3mm
 重さ205g
 本体色ブラック、グリーン、レッド、ブルー
USBmicroUSB(USB 2.0)
 その他Bluetooth 4.2
加速度センサー、環境光センサー、近接センサー

プリインストールアプリ

ベンチマーク

Antutu Benchmark V8.5.2

Antutu Benchmark V9.1.3

GPUは対応していないようで、測定できていません。

GeekBench 5.4.1

PCMark for Android Benchmark

使用感

動作速度は、1テンポ待つ感じ

動作速度は、サクサクというよりは、全体的に1テンポ待つような感じです。軽快というわけではありません。また、Twiterアプリでは、スクロールがカクカクしてしまいます。

個人的には十分許容範囲に入るのですが、人によってはイライラする速度かもしれません。

ベンチマークからも分かりますが、重いアプリなどを動かすには非力なスペックです。その反面、SNSやメール、通話程度なら、十分使えると思います。

バッテリーはかなり長持ちする

バッテリー容量は5380mAhと大容量で、長持ちバッテリーです。実際に使ってみても、十分長持ちするので、バッテリーに関しては安心感があります。

割と連続して使った時のバッテリーの減り方ですが、バッテリーが100%から50%になるのに、約9時間かかりました。

ただ、バッテリーの容量の割には、充電速度が遅いです。付属の充電器は、5V / 1.5A出力です。このバッテリー容量なら、せめて18wでの充電に対応するなど、高速充電に対応させてほしかったというのが正直なところです。

電子コンパスはありません

Blavkview A70には、電子コンパスが内蔵されていません。
位置情報は悪い方ではないのですが、電子コンパスがないので、どちらに進めばよいのか分からなくなるときがあります。

写真を撮ってみた

画像をクリックすると、元の画像が表示されます。

VoLTEを有効にすることができない

設定には、VoLTEを有効にする項目があるのですが、いくら試しても、VoLTEを有効にすることは出来ませんでした。LINEモバイルのSoftBank回線と、OCNモバイルONE(docomo回線)両方で試したのですが、無理でした。

カメラの音を設定で消すことができる

カメラの設定で、シャッター音を消すことができます。
余分なアプリを入れるなどしなくても消すことが出来るので、とてもいいです!

スクリーンショットの音は、消すことができない

カメラの音を消すことは出来るのですが、スクリーンショットの音は、消す設定項目を見つけられず、消すことができません。

音といっても、割と小さなシャッター音が鳴るだけなので、目立たないといえば目立たない大人のですが、それでも気になってしまいます。

au回線では、データ通信のみ使える

試しにexciteモバイルのau回線(VoLTE)で使ってみました。
バンド1とバンド3などにはつながり、データ通信も出来ましたが、通話は出来ませんでした。

自動電源ON・OFFを設定することができる

電源を自動でONにしたり、OFFにしたりすることができます。

ナビゲーションバーを、設定で変更することができる

標準的には、ナビケーションバーの左側に戻るキーが表示されることが多いと思いますが、これを右側に持ってくることが出来ます。

指紋センサーの精度は標準的

指紋認証の制度は、いたって標準的だと感じます。超早いというわけでもなく、かといってすごく遅いというわけでもありません。また、誤認識はたまにある程度です。

Wi-Fiが5GHz帯に対応していない

Wi-Fiは、2.4GHz帯にしか対応していません。なので、光回線を使っていても、高速な通信は望めません。もっとも、スペックを考えると、高速な通信は必要ないかもしれません。

nuro光の回線に接続した、スピードテストの結果は、こんな感じです。

まとめ

スペック的にも低く、メインで使うにはちょっと厳しいかもしれません。

でも、メールと通話、たまにSNSという場合は、バッテリーの容量も大きいので、用途を限定すると、使えるスマホになるかもしれません。
私は、動画をみたり、マンガビューアとして使ったりして、負荷がかからないアプリを長時間使うために使っています。

コメント

  1. […] Blackview A70 レビュー【使える? 低価格スマホ】以前、1万円台で買え、なかなか使えるスマホとしてRedmi 9Tのレビューをしました。Redmi 9Tは、本日現在、Amazon価格で16000円台となっていま […]

タイトルとURLをコピーしました